Googleアナリティクスのレポートを解説【コンバージョン編】

こんにちは。安里です。
今回もGoogleアナリティクスのコンバージョンレポートのよく使うところを簡単ではありますが解説していきます。
これが最後の記事になります。

これまでの記事は下記からどうぞ
Googleアナリティクスのレポートを解説【リアルタイム編】
Googleアナリティクスのレポートを解説【ユーザー編】
Googleアナリティクスのレポートを解説【集客編】
Googleアナリティクスのレポートを解説【行動編】

コンバージョン ユーザーがサイト内で完了した目標を分析できるレポートです。

コンバージョンはウェブサイトの目標を設定し、それを確認できるレポートということになります。
目標を設定していないと意味がないレポートになります。

まずは、コンバージョン(ウェブサイトで獲得できる最終的な成果)を設定します。
いくつか例をあげてみますと
会員サイト→会員登録
ECサイト→商品の購入
商品の紹介サイト→資料請求や申し込み

上記にあげたサイトの目標を設定すると
会員登録→会員登録完了画面の表示
商品の購入→購入完了画面の表示
資料請求や申し込み→資料請求完了、申し込み受付完了画面の表示

ほかにも、ページ数ビューや滞在時間なども目標に設定することができます。

目標の設定が終わったら
コンバージョン→目標→概要で確認することができます。

コンバージョン→目標→目標パスの解析では、目標完了の場所から3つ前のページまでさかのぼって経路を確認できます。

コンバージョン→目標→目標到達プロセスでは、事前に設定した目標の到達状況を確認できます。
より詳しい説明は下記になります。

目標到達プロセスの分析では、ユーザーがコンバージョンに至るまでのステップをビジュアル表示し、各ステップでのユーザーの動向をすばやく確認できます。この情報に基づいてサイトを改善し、十分に成果が得られていない、またはユーザーが放棄したカスタマー ジャーニーを減らすことができます。
出典:アナリティクス ヘルプ

コンバージョン→マルチチャンネル→コンバージョン経路では、ユーザーが目標を完了するまでにたどった、自社サイトの流入経路の履歴を軸に目標の完了状況を確認できます。

以上でコンバージョンレポートの解説は終わりになります。
今回は、すでにGoogleアナリティクスを活用している方向けになってしまい
プロパティ、目標、イベントの作成は省略させていただきました。
作成方法は紹介しているサイトが多いのですぐ見つかると思います。

活用方法が難しいと思った方は、Googleアナリティクスの公式ブログに活用事例が紹介されているので確認してみることをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら