Photoshopで簡単に特定の被写体の色を変える方法

こんにちは、外間です。

画像加工の作業をしていると時々『この色は少し・・・』『もう少し明かるかったら』など思う時があります。
みなさんも撮影をした写真を見て、イメージしている色と違ったり、デザインに合わせて色を変えたくなった経験があると思います。
そんな時に、撮り直しが難しい場合でも、簡単に自然な色みで変更ができる方法を紹介したいと思います。

step01

レベル補正で写真を明るくする

『レイヤー』パネルの下にある丸アイコン(塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成)をクリックしたら、『レベル補正』を選択します。
『属性』パネルでまず真ん中『中間調』を右に動かして明るくし、次に右の
『ハイライト』を左に動かしてコントランスをつけます。

step02

全体的に色を鮮やかにする

『レイヤー』パネルの下にある丸アイコン(塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成)をクリックし、『色相・彩度』を選択します。
『属性』パネルで『彩度』を調節していきます。

step03

色を変える部分を選択

『背景』レイヤーを選択し、『ツール』パネルの『選択ツール』で色を変えたい所を選します。

step04

一部の色を変える

『イメージ』メニューから『色調補正』→『色の置き換え』を選択し、
『色の置き換え』パネルの中にあるサムネイル(写真)をスポイトで色を変えたい所を選択します。
『許容値』が大きいほど、選択範囲全体に反映されます。
選択出来たら下にある色相・彩度・明度を変更し、変えたい色に設定していきます。
数値はプレビューで見ながら調節し色を変えていってください。
イメージしていた色に変われば、写真の加工は完成です。



 

今回色の置き換えの方法をご紹介しましたがいかがでしょうか。
色を変える方法はまだまだいっぱいありますが、1つの方法として使ってみてください。
私も画像加工をいかに簡単に早く綺麗に仕上げられるか試行錯誤しながら作業をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら