知らないと損!?日常生活での軽減税率適用事例

こんにちは。原田です。

 

さて、早速ですが

こちらのブログはご覧になって頂けましたでしょうか?

今年の10月1日より10%になる予定の消費税。

ただし、新聞や飲食料品など(生活に最低限必要なもの)には

軽減税率として8%が適用されるというものです。

 

気になったので調べてみると

日常生活において、知らないと損をする事例がいくつか出てきましたので

ご参考までにまとめてみました。

 

①コンビニ

飲食料品など、買ったものを持って帰るのであればもちろん8%です。

ただし、店内にあるテーブルなどで飲食をする場合は10%になってしまいます。

 

②ハンバーガーショップ

こちらは単純に、持ち帰りなら8%、店内なら10%になります。

少しだけ店内で飲食して残りを持ち帰る場合でも10%になってしまいますので

注意が必要です。

 

③フードコート

こちらも先程のハンバーガーショップと同じく

持ち帰りなら8%、店内なら10%になります。

店内で少しでも飲食してしまうと10%になってしまいます。

 

④出前

出前だともちろん8%、店内だと10%になってしまうので

近くても出前がお得になるかもしれませんね。

 

⑤いちご狩り

いちご狩り自体は10%ですが、いちごを買って帰るだけであれば8%です。

後者だといちご狩りではなくなってしまいますが・・・(笑)

 

⑥自動販売機

全て8%です。

 

店内か、持ち帰りか・・・

色々と判断が難しくなりそうですね。

この記事を書いた人

原田優矢
原田優矢コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
『気軽に相談出来る人』になる為に。
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら