パラメーターを使った解析をしてみよう!

こんにちは、高木です。

 

自社サイトに訪問してきたユーザーが、どこからきて、どのような行動をとったかなどを知ることはとても重要です。

その解析ツールとして、最も代表的なものが、Googleが提供するアクセス解析ツール『Googleアナリティクス』

無料で使えるうえに、様々な機能があり、自社のサイトを分析するうえで欠かせないツールです。

 

本日はその『Googleアナリティクス』で、おすすめの効果測定方法『パラメーター』のご紹介です。

メルマガやSNS広告はもちろん、Googleマイビジネスからの流入やA/Bテストにも利用出来ます。

私的には、タグを埋め込めないような時には必須のツールです。

 

では、実際に『パラメーター』で何が出来るのかを見てみましょう。

まずはGoogleマイビジネスの「投稿」を例に挙げてみます。

Googleマイビジネスからの流入は『Googleアナリティクス』では通常「google/organic」となります。

そしてGoogleマイビジネスの「投稿」の「詳細」からの流入も通常は「google/organic」となります。

Googleマイビジネス側では「投稿」ごとの閲覧数やクリック数を確認することは出来るのですが、『Googleアナリティクス』ではどの「投稿」からの流入なのかまでは確認できません。

 

そこで活躍するのが『パラメーター』です。

「詳細」ボタンを設置する際にリンク先のURLに『?utm_~』と、『?』から始まる任意の文字列を付けることにより、そのリンクをクリックすると、『Googleアナリティクス』側での詳細な計測が可能となります。

また各変数の区切りに『&』を使用すれば、より細かく設定することも可能です。

 

 

『Googleアナリティクス』だと「集客」→「キャンペーン」→「すべてのキャンペーン」から確認できます。

 

これはダミーパラメーターとも呼ばれ、トラッキング用のパラメーターなので表示の内容は変化しません。

ダミーパラメーターがどのようなものでも、表示の内容には変化は無いのですが、Googleアナリティクスをはじめとしたアクセス解析ツールには別のURLとして記録されます。

 

 

そんな、便利なパラメーターの設定も、Googleアナリティクスが提供する専用ツールを利用すれば誰でも簡単に作成出来ます。

キャンペーンURL生成ツール

 

また「?」を2つ以上にしないなどの最低限のルールを守れば手書きでも大丈夫です。

上記のように、「mybusiness」と付けたり、「20181107」などの日付を付けたりも自由です。

 

投稿ごとにパラメーターを分けることで、投稿ごとのコンバージョン数を計測することも可能です。

ポイントは、「何を計測したいのか?」をあらかじめ明確にしておくことです。

 

その他にもメルマガで使用したり、SNSで利用したり、QRコードで利用したりと、あらゆるところで活躍する『パラメーター』。

効果的なマーケティング施策を打つ為にも、PDCAサイクルを回す為にも、効果を数値化出来ることは嬉しいですよね。

 

ファイブスターコーポレーションは宿泊施設様のサイト制作だけでなく、運用支援やアクセス解析、保守・管理など様々なかたちでのサポートも承っております。

まずは、お気軽にご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら