沖縄には宿泊施設がどのぐらいあるのか?

沖縄に住んでいると、建築中のホテルをよく目にするようになってきました。

まさに建設ラッシュです!

ふと「沖縄の宿泊施設数はどのぐらいあるのか」疑問に思ったので、調べてみました!

沖縄の宿泊施設数

平成28年12月31日までのデータが、沖縄県のサイトで公開されていました。

(沖縄県:宿泊施設に関する統計データ)

平成20年~25年までは、年間で約30~60軒程度の伸びだったのですが、平成26年頃から年間で100軒以上と急激に伸びていました。

なるほど、建築中のホテルを目にするわけです。

平成28年には、1,823軒となっており、ここ10年程で約2倍近く増えています。

仮に毎日違う施設に泊まっても約5年はかかりますね。汗

宿泊施設といっても、大きなホテルから民宿まで様々ですが、内訳としてはこのような感じになっていました。

<平成28年宿泊施設 軒数(沖縄県 文化観光スポーツ部 観光政策課 平成29年8月21日発表)>

平成28年 軒数
ホテル・旅館 398
リゾートホテル 134
ビジネス・宿泊特化型ホテル 202
シティーホテル 33
旅館 29
民宿 等 1,389
民宿 538
ペンション・貸別荘 502
ドミトリー・ゲストハウス 255
ウィークリーマンション 94
団体経営施設 31
ユースホテル 5
合計 1,823

数としては、圧倒的に民宿等が多くなります。

リゾートホテルのイメージが強い沖縄ですが、意外にも旅館が29軒あるそうです。

最近は、温泉を備えている宿泊施設も増えていますので、寒いシーズンに沖縄の温泉で温まるのも良いかもしれません。

また、市町村別の宿泊施設数をみてみますと、

民宿の多さで、宮古島市が247軒と最も多くなっており、次いで石垣市220軒、那覇市219軒の順となっていました。

平成28年時点でのデータですので、現在はもっと増えていると思いますが、
統計データが取得できましたら、またお知らせします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら