宿泊施設を始めるには・・

8月も下旬に差し掛かりましたが、まだまだ沖縄は熱いです!

最近、迷いや悩みが増えてきたある時に海を眺めながら・・

考えすぎて前に進めないことなんて、この先いくらでもあるはず。

そんな時こそ今、目の前にあるものに向き合い、今やるべき

ことを丁寧にやる。

そうしたら必ず次の『何か』が見えてくるはずじゃ。

今までもそうだったじゃろ

また明日じゃ~!

と呑気に気分転換して参りました。

 

さて最近私的な内容に特化してきましたのでこの辺りで・・

今回はちゃんと業務に関連した内容を書きます。

 

ホテル開発に携わる業務柄、大事にしている事を少し書きます。

 

業務柄『宿泊施設』を始めたい

宿泊施設を始めるには・・・などの質問を鬼の様に頂きます。

 

オーナー様のご要望に応じて最適なお答えをするのですが

私がこうした問い合わせなどでご相談に乗る際に

必ず聞く質問があるんです。

『なぜこの事業を始めたいのですか?』

『大事にしているポイントは?』

この質問には大きな意味があるんです。

なぜ?・・・とポイント

これには核となるオーナー様のご覚悟を聞きたい為に

ご質問させて頂いているのです。

 

御回答は様々ですが、私的に1番テンションが上がる

答えが『利回り』や『お金』と素直に答えて頂ける方に

お逢いすると性格上(ヨッシャ!)それなら私的に優先事項は

固まります。

全ての判断基準を一端そこに設定し、物事を判断して頂

けるようにご期待に応え準備しましょう・・となるのです。

 

意外と皆さま答え難いのか、少しぼかして回答をしてくれます。

しかしながら、私がお聞きしたいのは事業としてのご覚悟

ですので素直な回答がベストだと考えてます。

弊社はこうしたオーナー様のご要望やご希望を叶える為に

ご協力させて頂く業者でございます。

これからお逢いするオーナー様に対して私がご質問をさせて

頂いた際には、どうぞ遠慮なく『お金』の話をして下さい。

私どもはオーナー様の収益を第一にベストなご提案を遠慮なく

ご提示ご協力させて頂きます。

 

それが多種多様化を続ける観光業界においてチャレンジする

意味と意義を体現する私なりの方法論と捉えています。

誰の為でもない『オーナー様の利益最優先主義』が私の

業務方針となります。

最後に経験不足なところが多々ありますので、わからない

事は遠慮なく『わからない』とお聞きさせて頂きます。

ですのでその際にはどうぞご指導下さい。

 

明日もまた新たなオーナー様との出逢いの場において

躊躇なくあの質問をさせて頂きます。

 

坪石

この記事を書いた人

坪石和大
坪石和大開発・オペーレーション事業部 チーフマネージャー
ホテル開発のプロフェッショナル
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら