秋の沖縄の楽しみ方

みなさまこんにちは、上原です。

9月に入り、日中はまだまだ太陽カンカンで暑いですが、夕方になると暑さが和らぎ涼しい風も
吹いていて過ごしやすくなってきました。
秋の気配を感じますね。

秋の沖縄は少し気温が下がり真夏に比べて過ごしやすく、海水浴やマリンスポーツ、シュノーケル
など海遊びもまだまだ楽しめます!

 

また、この時期は1年の中でも特にきれいな星空が望めます☆彡
平成30年には八重山諸島にある西表石垣国立公園が日本初となる「星空保護区」に認定されました!
国際ダークスカイ協会(IDA)による「星空保護区認定制度」の認定を受けたのはなんと日本初で、
アジア全体でも2番目の認定となったそうです。

 

9月の沖縄では様々なイベントも開催されます。

9月3日 (火)久米島仲地全島角力大会
旧暦8月5日に行われる伝統行事です。角力は日本相撲とは異なり、互いに組んだ体勢から
始まり、相手を倒し背中がつけば勝ちです。

9月8日 (日)沖縄青年ふるさとエイサー祭り
エイサーをはじめ、各地の豊年祭などで披露されている地域独特の民俗芸能が上演され、
沖縄独特の文化や芸能を味わうことができます。

9月11日(水)とぅばらーま大会
旧暦の8月13日に行われる「歌の島・芸能の島」といわれる八重山の民謡「とぅばらーま」
の歌唱コンテストです。
後世に正しく継承することを目的に開催されています。

9月14日(土)・15日(日)中秋の宴
琉球王国時代に中国皇帝の使者である「冊封使」をもてなすために開かれた「冊封七宴」
という宴のひとつで、旧暦の8月15日中秋の名月の下で行われた宴を再現したイベントで
琉球古典舞踊や組踊を見ることができます。
また、組踊の上演の際には日本語・英語の字幕もあるので組踊を見たことない方も楽しむ
ことができるそうです。

9月28日(土)・29日(日)宜野湾はごろも祭り
特設ステージのライブパフォーマンスや、カチャーシー大会を楽しむことができます。

ここで取り上げたのはごく一部で、他にもたくさんのイベントが開催される予定です。

イベントに参加することで地元の雰囲気を肌で感じることができ、琉球舞踊や組踊、エイサー、
カチャーシー、沖縄角力、民謡など沖縄の伝統芸能を味わうことができるのでおすすめです!

南国沖縄は夏だけではなく、1年を通して様々な楽しみ方があることも魅力です!
そんな沖縄の魅力をこれからどんどん発信していきたいと思います!

この記事を書いた人

上原真美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら