五輪期間中の都内宿泊料金を調べた

藤井です。

来年7/22~オリンピックが東京で開催されます。
今年と比較してどのくらい釣り上げているのか調べてみました。

五輪マークは怪しいので日の丸にしておきます。
オリンピック関連は色々とうるさかった気がします…。

オリンピック

2020/07/24:開会式
2020/08/09:閉会式
期間は19日で、7/22,23は開会式の前にソフト・サッカーが始まるようです。
スケジュールは公式ページに載っています。
ちなみにパラリンピックは2020/08/25-2020/09/06で開催されます。

宿泊料金

数字は楽天APIから拾ってきました。
2019/07/23,24時点のもので、今年の同日と比べて何%上がっているかをグラフ化したものです。
今年が1000施設、来年は20施設と母数が全然違い、日ごとでは1施設のみの掲載であったりするためあまり意味ないですが、上昇の雰囲気程度は感じられると思います。
八王子エリアは2020分がなかったのと、今年の7/22,23分は過ぎてしまったので非表示です。
また50万、100万と出しているところもありましたが、ダミーなのか本気なのか分からないのでフィルターしています。

全体的に4倍で、最も増分が多いのが新宿エリアで5.5倍となりました。
メイン会場であるオリンピックスタジアムが千駄ヶ谷近郊(東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号)なのが大きな理由だと思います。
渋谷エリア・赤坂エリア・池袋エリアはまだ料金を出していないですね。
1年前は出していてもおかしくはないのですが、特別なイベント期間なため個人は取らない、現状未定など様々な対応をしている模様です。

7/27,8/3で上がり幅が下がっているように見えますが、2019年の7/27,8/3は土曜のため料金が上昇していることが原因です。2020年では新宿エリアはほぼ横ばいです(2の2)。
また7/25、8/1に新橋エリアでピークを持ちますが、該当日は土曜でした。
上の方で触れましたが、いずれも施設数が少なすぎるためなんとも言えませんけど。

平昌やリオでも通常の10倍になったなんて話もありましたが、(今の所)比較的おとなしい方でしょうか。

この記事を書いた人

藤井雅浩
藤井雅浩コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
今までの集大成
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら