PMS_NEHOPSの小技について

お初にお目にかかります。
今月初めより入社しました船越 俊輔(ふなこし しゅんすけ)と申します。

以前は県内のとあるホテルで宿泊予約・販売を担当していました。
分かったつもりでいても、意外とよく分かっていなかったWEB販売に毎日驚きの連続です。
たのしい( 厂・ω・ )厂うぇーい
これから施設様目線でのお手伝いができるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、今回はPMSのひとつ、NEHOPSがほんの少しだけ便利になる小技をひとつご紹介したいと思います。
普通に知ってるよ!って方は申し訳ないです…。
また次回にご期待願います。

NEHOPS宿泊システムの検索機能について。
ゲスト名検索、予約番号検索、リファレンス検索などキーワードを入力して記録を検索する場合、普通に検索すると前方一致での検索になります。
基本的にはそれでも問題ないのですが、予約番号やお名前が一部分しか分からなかったりするとき、検索が面倒だったりしませんか?
別に出力したCSV上で検索をかけてしまってもいいのですが、ちょっと面倒くさい…。
部分一致で検索できたら早いのになあ…。

できます。できます。実は簡単な方法で部分一致検索できるんです!

キーワード入力欄に、検索したい文字列の前に「%」を入れるだけ。これだけです。

超単純なんですが結構便利でした。
たとえば複数OTAからバラバラに連泊記録を押さえている外国人のお客様の予約検索とか。
ファーストネームとファミリーネームが逆転して別記録が入っていたり、挙句ミドルネームまで入っていて、予約名がどれが先頭で入っているのか分からなくなっている時に、部分一致検索で関連記録を簡単に調べられます。
お客様の予約作成でスペルミスがあった場合でも、部分一致で検索できれば「これかな?」っていう記録が見つかるので、精神衛生上非常に良いです。
本当に予約しているお客様をゴーショウ扱いにして、あとから精算がややこしくなることもなくなりますしね。

特にカスタマイズなどを入れなくても使えるはずなので、NEHOPS宿泊システムをお使いの施設様はよろしければご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら