12月4日販売開始!Yahoo!トラベルダイナミックパッケージを知ろう!

こんにちは!
WEBコンサルタントの大城です!

前回に引き続き、Yahooトラベル&一休.comに関連する記事として2018年12月4日に開始予定のダイナミックパッケージ「ヤフーパック」について書きたいと思います!

↓前回の記事はこちら↓
【参画推奨】Yahoo!トラベルへの参画をオススメする7つの理由

※画像データはヤフーさんから掲載の許可をいただいております。

まず、「ヤフーパック」って何??

ヤフーパックとは、Yahoo!トラベル内の「国内宿泊+航空券」がリニューアルされ、宿泊プランと航空券(JAL・ANA)を組み合わせたダイナミックパッケージのことです。
楽天トラベルでいう「楽パック」
じゃらんnetでいう「じゃらんパック」
のようなものですね!

楽天トラベルやじゃらんnetと同じくJAL便とANA便がありTポイントが利用可能なことが特徴です。
TSUTAYAやファミリーマートで貯めたポイントで旅行に!なんてことも出来ますね。

ダイナミックパッケージの特徴は??

ダイナミックパッケージ(DP)の特徴としては楽パック、じゃらんパックに共通して言えることですが
「航空券とセットで予約」という性質上、宿泊単品の予約よりもリードタイムが長くなります。
沖縄は特にDP比率が高い県なのでDPプランでの取り込みは必須です!!
また、お客様には航空券込の価格でしか表示されないため、値引きによる乗り換えやイメージダウンも少なめです。メタサーチサイトの最安値比較にも引っ掛かりにくいため宿泊単品よりもDPプランを安く設定している施設様も多いのではないでしょうか。

ヤフーパックはどんな層がターゲットなの?

Yahoo!トラベルと一休.comはSoftbankのスマホユーザーやYahoo!プレミアム会員等の様々な自社コンテンツの会員に向けたサービスと発信力が非常に強いです。
Tポイント施策による囲い込みが強いため、Tポイントユーザーにとっては非常にポイントも貯めやすく、使いやすいOTAとなっているため
Yahoo!JAPAN系のコンテンツの会員とTポイントユーザーをメインターゲットにしているようです。

まとめ

最後に、ヤフーパックの商品概要を載せておきます。

一休.comやYahoo!トラベルで通常販売しているプランをそのままDPプランとして販売もできますが、禁止ワードや審査に引っかかる設定などもありますのでそこだけは要注意です!
特に沖縄はここ数年でWEB販売の競争も激しくなってきていますので売上UPに繋がる販路はしっかり開拓しておきたいですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら