ここに泊まれるの!?有形文化財に指定された老舗旅館(千葉県編)

皆さん、こんにちは!

9回目の投稿になります、原田です(・∀・)

 

今回は

ここに泊まれるの!?有形文化財に指定された老舗旅館(千葉県編)について

お話していきたいと思います(-ω-)/

 

ローカル線で房総をめぐる旅へ「大屋旅館」(千葉県・大多喜町)

出典:http://chibahatu.jugem.jp/?eid=413

房総半島にある旅館。

江戸時代後期に創業され外観も内装も当時のまま。

正岡子規が学生時代に泊まったこともあるそうです。

そして房総といえば海の幸。

海の幸や野菜をふんだんに使った料理は食べてみたい!

千葉のローカル線「小湊鐵道」や「いすみ鉄道」で房総半島をめぐる旅なんていうのも面白そう。

 

勝浦タンタンメンも港町の朝市も楽しめる「旅館松の家」(千葉県・勝浦市)

出典:http://4travel.jp/dm_hotel_each-10035508.html

江戸時代創業の純和風の小さな宿。

建物の風情もさることながら、ここのオススメは房総の勝浦近海の新鮮な海の幸。

それもリーズナブルな価格で食べられます。

夕食はあわびか金目鯛の姿煮のどちらかを選べます。

そこに地魚に海老、海鮮茶碗蒸しがつくなどボリュームは満点。

旅館のすぐ隣では400年の歴史を誇る「勝浦朝市」が行われるので翌日はもちろん早起きで。

帰りは名物「勝浦タンタンメン」で決まり!

(情報:towner)

 

今回はここまで!(/・ω・)/

次回は神奈川県編についてお話したいと思います(^^♪

 

以上、原田でした!(・ω・)ノ

この記事を書いた人

原田優矢
原田優矢コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
『気軽に相談出来る人』になる為に。
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら