イルミネーションの始まり

沖縄でも今日は、寒いです!

ハロウィンが終わると、街中やホテルなどはだんだんと色とりどりの電飾につつまれ、12月にはクリスマスが待ち遠しくなるような

キラキラとした景色がいたる所で見られます。

そう!「クリスマスイルミネーション」

毎年心が躍りますよね!

 

そんなクリスマスイルミネーションの始まりを調べてみました。

 

イルミネーションについては諸説あるようですが、16世紀のはじめ、ドイツの宗教改革者「マルティン・ルター」当時の神聖ローマ帝国の神学者、牧師、説教家であり、

ルーテル教会の創始者が、クリスマスイブのミサの帰り、もみの木々の向こうに見えた夜空の星に感動したそうです。

子供たちにその景色を伝えるためにもみの木にロウソクを飾り再現しようとしたのが始まりだと言われ、そしてそれを描いた絵画によって普及したとも言われています。

しかし、木の周りにロウソクを飾るのは火災が起きて大変危険なため、時代とともに電飾にかわってきたそうです。

ルターの時代から100年後の17世紀初期、ドイツでクリスマスツリーの風習が定着し、同じく17世紀の中期にツリーにロウソクを飾り始めました。1746年、アメリカに

クリスマスツリーを伝えたのもドイツからの移民のようです。そのツリーに最初に電気の灯りを飾ったのは、アメリカの発明王「トーマス・アルバ・エジソン」の

共同経営者だった「ジョンソン」という人物でした。

日本におけるイルミネーションの普及は、明治時代、京橋銀座1丁目にあった銀座明治屋が、クリスマスイルミネーションを点し、年々派手になるイルミネーションに多くの

人々が訪れるようになりました。当時、光源には豆電球やムギ球が用いられたそうです。

近年では、LEDによるイルミネーションが多くなる他、プロジェクションマッピングによるイルミネーションも増えてきており、クリスマスイルミネーションは、

ルターの時代から変わらず人々を魅了していますね。

都会のイルミネーションはニュースなどでもよく話題になりますが、地方にも大規模なクリスマスイルミネーションスポットがたくさんありますよ!

今年のクリスマスはぜひクリスマスイルミネーションで幻想的な時間を楽しむのもいいかも!

 

 

 

 

 

 

今後はどんなイルミネーションが主流になっていくのでしょうか?

目が離せませんね!

この記事を書いた人

金城淳
金城淳開発・オペーレーション事業部 マネージャー
沖縄が第二の故郷と思える思い出を!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら