旅行予約のメタサーチを調べてみました!【2017年度版】

みなさんこんにちは!
弊社にツリーがやってきました♪可愛いです!

クリスマスって、実際に当日になると何もしないのですが、
クリスマスまでの1ヵ月は何だかワクワクちゃう仲程です。

今日は「メタサーチ」のお話!
年々、増えつつある「メタサーチ」のサイトが現在どのくらいあるのか?まとめてみました!

まず「メタサーチ」とは?
旅行系のメタサーチと言えば、
独自の口コミ収集、航空券や宿泊予約サイトの最安値を横断検索してくれる便利なサイトのことを指します。

宿泊予約サイトも、楽天トラベルやじゃらん、Expediaなどなど…今やたくさんの予約サイトが存在します。
メタサーチはこういった予約サイトを横断検索して、一覧で口コミや金額を確認できちゃう超!便利サイトなのです。

では、そのメタサーチ機能を備えたサイトは今どのくらいあるのでしょうか?
有名なのは、トリップアドバイザーがあります。私もよく利用してます。

▼トリップアドバイザー
https://www.tripadvisor.jp/

旅行口コミサイトとしては、世界最大の閲覧数を持つ。
当初は口コミサイトとしてスタートしたが、メタサーチ機能も拡充。
月間利用者数:3億5,000万人

 

こちらは、沖縄では放送されてないと思いますが、トリバゴのCM!
流暢な日本語のお姉さんが印象的。

▼トリバゴ
https://www.trivago.jp/

世界最大級のホテル検索サイト。
250社以上の予約サイトから100万件以上の宿泊施設の料金を横断検索。
月間利用者数:1億2,000万人

▼トラベルコ
https://www.tour.ne.jp/

連携旅行サイト数500サイト以上!
2016年度の月間平均ユニークユーザー数373万人

▼フォートラベル
http://4travel.jp/

旅行会社1,495社を横断検索。
月間利用者数:700万人

▼Travel.jp
http://www.travel.co.jp/

旅行会社200社を横断検索。
月間利用者数:1,300万人

 

いかがでしょうか?
日本ではまだまだ馴染みがないかもしれませんが、
こうしてみると、かなり利用者も多い事がわかりますね。
OTAのサイトをしっかり更新する事も大切ですが、こういったサイトで自身のホテルが、
どのように表示されているのかにも注目して、おかしな情報が入っていたりしてないかチェックしてみてくださいね!
トリップアドバイザーとトリバゴ(日本語未対応)では、運営者側が掲載情報を管理できるツールもありますよ。
分からない事があれば、お気軽にお問い合わせください♪

それでは、次回のブログをお楽しみに(*´▽`*)

この記事を書いた人

仲程華恵
仲程華恵コンサルティング事業部 マネージャー
困ったことがあれば、いつでもご相談ください!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら