施設検索

藤井です。
今回もExcelで引っ張ろうと思ってましたが、
ふと思うことがあったため、メモがてら記載します。

概要

リスティング広告知ってますか?
Googleなど検索エンジン上に掲載される広告です。
PPC(Pay Per Click)広告、検索連動広告などとも呼ばれます。
ちなみに僕は前職ではこれをやってました。

検索エンジンでユーザが検索したクエリに連動し関連する広告が表示されるわけですが、
広告枠って自然検索より上部にいるんですよ。

施設名で検索した時、自分のHPより上にOTAの広告が表示されてるんですよね。

昨日なんとなく眺めていてふと思いました。
”これっておかしくね?”

施設名で検索かけるユーザは何かしらその施設の情報が欲しくて検索しているはずです。
予約の可能性も高いでしょう。
ところで、手数料は自社経由なら無料、エージェントを通せば有料なので、
当然自社サイト経由の方がうれしいですよね。
エージェントの集客力は認めます。マーケティング努力も大変だと思います。
しかし自分の施設名で検索かけて、なぜエージェントが上位に存在しているのか。
言い方が悪いかもしれませんが、横取りされているように感じてしまいました。

指名KW買うのをやめることができるのか、各エージェントに聞いてみました。

回答があったところだけまとめます。
ちなみに前例がないとか、意味がわからないとか、面食らったようなニュアンスの返答が多かったです。

Expedia 対応不可
Agoda 可能
Booking 対応不可
楽天トラベル 対応不可
じゃらん 対応可能(ポリシーとして、一度落とすと復活できない)

一社二社落としても意味は無いので、できないと捉えて間違いない模様です。
商標登録さえしていれば一応媒体に対して申告はできるんですけどね。
そこまではしませんが、モヤッとする。

この記事を書いた人

藤井雅浩
藤井雅浩コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
今までの集大成
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら