県内におけるレンタカー業界の動向

こんにちわ、金城です。

最近、わナンバー以外に、れナンバーもよく見かける様になりましたよね!

県内のどこででも、見かける様な気がします。

そこで、県内のレンタカーについて調べてみました。

・県内のレンタカーは、入域観光客の増加に伴い許可車両台数も伸びており、市場規模は約200憶円になると

推察されるようです。増加の要因としては、団体旅行から個人旅行へのシフト、レンタカー付きのフリープラン型パッケージ旅行の増加

などが挙げられます。これに併せて、旅行エージェントとの取引の多い大手レンタカー事業所が車両数を増加させており、許可車両数の

大幅な増加要因になっているとみられます。

その他の要因として、インターネットによりレンタカーの情報が入手しやすくなり予約が容易になったことや観光客のリピーター率が高まり、

これらの客のレンタカー利用の割合が高くなった事が挙げられます。

また、レンタカー事業の規制緩和が進み、許可要件が簡素化された事から新規参入する事業者が増えた事も車両数が増加した要因となっているようです。

レンタカーの稼働状況は、年々増加に転じ、その後は安定して推移している。要因として、先述したように団体旅行から個人旅行へのシフトにより、

移動手段としてレンタカーの利用率が大きく増加している事が挙げられます。

要望、課題等について

県内レンタカーの許可車両数の増加率は、入域観光客の増加に加え、旅行形態の変化によりバス等の移動からレンタカー移動へのシフトなどにより、

入域観光客の増加率を大幅に上回っています。また、利用者の様々なニーズに応えようと、高級外車やバイクなどを取り扱うレンタカー事業者も

みられるようになってきています。

一方、利用者からはいろいろな要望や改善してほしい事などが寄せられています。「観光客満足度調査」によると、カーナビ情報の更新をしてほしいとの

要望が挙がっている。カーナビの情報が古く新たな施設、道路が整備されてもカーナビ情報に掲載されていないケースが多々みられるようです。

その他には、交通渋滞の解消(特に那覇市内)や道路標識の整備などを求める意見もあるようです。

入域観光客数は好調に推移しており、レンタカー業界並びに行政等は多くの観光客が安心してレンタカーを利用できるように、これらの課題の解決に

早急に取り組んでいく必要があるようです。

ではまた・・・ 金城でした!

 

 

 

この記事を書いた人

金城淳
金城淳開発・オペーレーション事業部 マネージャー
沖縄が第二の故郷と思える思い出を!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら