【備忘録】2022~2023全国旅行支援まとめ・終了後に気を付けること

こんにちは、ファイブスターコーポレーションです。

2022年10月11日からスタートした全国旅行支援。
実施期間は、現時点で多くの県は2023年6月末までとしており、長いところでは7月21日まで実施します。

開始から現在までの流れや、今どのような状況なのか、今後販売についてどう動くべきか、今回はお話していきたいと思います。

【1】全国旅行支援について

全国旅行支援は、新型コロナウィルス感染症の影響で需要が落ち込んでいる観光関連事業者を応援するため、全国を対象とした観光需要喚起策になります。
旅行商品や宿泊サービスに対する<旅行割引>と、お土産品店や観光施設などで使えるお買い物券<地域クーポン>の発行があります。

開始から現在までの制度の内容を下記にまとめました。
※ 地域によって多少内容が異なる場合もございます。

実施期間 2022年10月11日~2022年12月27日 2023年1月10日~2023年7月20日
※GW期間の4月29日から5月7日宿泊分は対象外
利用用件 日本在住者
身分証(本人確認書類)原本の提示
ワクチン3回目以上接種または検査陰性
※2023年5月8日~ワクチン3回目以上接種または検査陰性の提出がなくなりました。
※各都道府県ごとで実施状況や制度詳細が異なります。詳細については各都道府県の窓口までお問い合わせください。
旅行割引 ・40% 割引上限額(1人一泊あたり)
・交通付旅行商品 :8,000円
・交通付旅行商品以外:5,000円(宿泊単体、日帰り旅行)
※1名一泊あたり平日5,000円以上、休日2,000円以上の旅行商品が割引対象
・20% 割引上限額(1名一泊あたり)
・交通付旅行商品:5,000円(航空券+宿泊など)
・交通付旅行商品以外:3,000円(宿泊単体、日帰り旅行)
※1名一泊あたり平日3,000円以上、休日2,000円以上の旅行商品が割引対象
地域クーポン 平日:3,000円 休日:1,000円 平日:2,000円 休日:1,000円
既存予約の対応 販売開始日より前に予約がなされた旅行商品もキャンペーン対象 販売開始日より前に予約がなされた旅行商品はキャンペーン対象外

割引額や地域クーポン額が年明けから下がり、5月8日からはワクチン接種または検査陰性の提示も無くなりました。
また、全国旅行支援はOTA毎に予算が割り振られていて、現在も販売しているOTA、予算が尽きて全国旅行支援販売していないOTA、予算が追加されて再販したOTAなど様々あります。

次は、全国旅行支援の販売OTAと現状を説明していきます。

【2】全国旅行支援販売サイト

全国旅行支援の販売OTAになります。
<例>沖縄県  ※2023年6月19日時点

楽天トラベル 現在販売中 https://travel.rakuten.co.jp/special/zenkokuryokoshien/
じゃらんnet 現在販売中 https://www.jalan.net/ryoko-shien/
一休.com 現在販売中 https://www.ikyu.com/special/01/zenkoku-ryokoshien
Yahooトラベル 現在販売中 https://travel.yahoo.co.jp/feature/zenkoku-ryoko-shien
るるぶトラベル 現在販売中 https://www.rurubu.travel/theme/ryokoshien/
JALパック 現在販売中 https://www.jal.co.jp/content/www/wwwjalcojp/jp/ja/domtour/areatourism-cp/
ANA 現在販売中 https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/theme/zenkoku_ryokoshien/

各都道府県によって予算が決まっているため、販売が終了している都道府県、逆に7月中旬まで延長が決まった都道府県もあります。
今後、全国旅行支援が延長か、7月で完全に終了するか未定ではありますが、キャンペーンが終了した後にすぐ行動できるように、設定の変更・販売、料金の見直しを今で把握し考えておきましょう。

次は、全国旅行支援終了後の販売についてご説明いたします。

【3】全国旅行支援終了後の販売について

①販売サイトの見直し
全国旅行支援は、QUOカード等の換金性の高い金券類をプラン内容に含む旅行・宿泊商品は割引の対象外となります。

そのため、QUOカード付きプランの販売を停止されている施設様も多いのではないでしょうか?
全国旅行支援の終了後、販売の再開を忘れずに行いましょう。

②販売料金の見直し
現在の販売価格は、キャンペーン終了後も適正なのか?
マーケットは今どのような動きをしているのか?
開始前と同じ、コロナ禍の状態なのか?それとも変化しているのか。

周辺の動きも見ながら、販売料金の見直しを行っていきましょう。

③公式サイトバナー撤去
公式サイトに、全国旅行支援のバナーを設置されている施設様は、終了後撤去する必要がございます。

④宿直販をステイナビで販売している
全国旅行支援の、宿直販をステイナビで販売を行っている施設様は
現地決済のみの受入しかできないので、キャンペーン開始に合わせて決済方法を現地決済のみの設定に変更されていませんか?
キャンペーン終了後、事前カード決済も受入可能な施設様は決済方法の変更も行いましょう。

⑤プランタイトル、プラン内への注意事項記載の見直し
全国旅行支援対象外プランの場合、プランタイトルへ<全国旅行支援対象外>など記載しているプランはございませんか?
また、プラン内容に、全国旅行支援に関するご注意点(例えば、身分証の提示についてなど)を記載しているプランはございませんか?
キャンペーン終了後、そちらの削除も必要です。

⑥自動返信メールの見直し
お客様へ届く予約後の自動返信メールが、全国旅行支援仕様になっていませんか?
特に自社サイトは、施設様にて設定を行った場合がほとんどだと思います。
キャンペーン終了後もそのままにしていると、全国旅行支援は終了しているのにも関わらず、
お客様のご予約時、自動的にキャンペーンの案内が記載されたまま届いてしまいます。
こちらの変更も忘れずに行いましょう。

⑦キャンセルポリシー、手仕舞いの見直し
クーポン配布がある事もあり、キャンセルポリシーや手仕舞いを通常よりも厳しめに設定した施設様はございませんか?
逆に、コロナ禍という理由にて、例年よりも緩めの設定に変えていたりしませんか?

⑧対象外予約の申請
月毎行っていました、全国旅行支援の対象外予約の申請も必ず行いましょう。
ステイナビをご利用されています施設様は、補助金の申請も忘れずに!

【4】最後に

昨年からスタートした全国旅行支援。
開始される前も制度内容の把握、料金の見直し、プランの設定、販売の変更など様々なことを行いましたが、終了する際も、行わないといけないことが多数ございます。

また、現在マーケットの動きも日々変化しています。
新型コロナウイルス感染症が5類感染症になり、マスクの着用も個人の判断に委ねることが基本となりました。
マーケットの動きを敏感に察知し、少しずつコロナ前の状態を取り戻していく必要がありますが、
何から始めたら良いか、何をしたら良いのか、迷ってしまう場合もあるかと思います。

弊社では、施設様毎に合わせてサポートを行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

※※※2023年6月29日追記※※※
現時点の全国旅行支援につきまして、長い所では11月末まで延長が決定した都道府県もございますが、6,7月で終了の見通しが立っている都道府県もございます。

地域によって、キャンペーン期間や内容が異なりますので、制度に関する詳しい内容のお問い合わせは各都道府県の窓口までお願い致します。

▼観光庁 全国旅行支援 都道府県連絡先一覧
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000261.html

ファイブスターコーポレーションでは、ホテル・宿泊施設の集客や運営に
お困りの事業主様・オーナー様をサポートする様々なサービスを提供しています。
まずはお気軽にご相談ください。

ファイブスターコーポレーションの紹介動画はこちら⇓

関連記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 時間の節約!お客様へ自動案内メール設定を行おう【海外サイト】

  2. 販促のすゝめ!Photoshopの生成AI機能をご紹介

  3. 【海外OTA】手仕舞い日変更手順のおさらい~Agoda編~

  4. パレートの法則 ~売上の8割は2割の商品から生み出される!?~

  5. ホテル経営者・マーケター必見!STP分析で見えるホテルの差別化戦略

お問い合わせINQUIRY

お気軽にご相談をください。

宿泊施設の運営にお困りの事業主様、これから宿泊施設を運営したいとお考えの方
ご質問・ご相談などお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

採用情報RECRUITMENT INFO.

私たちと一緒に働きませんか

明るく、人と接することが好きな人で向上心がある人をお待ちしております。
(ホテル業・観光業・旅行業・営業職の経験者を優遇)

採用情報はこちら

TOP