台北に行ってきました

忙しい年の瀬ですね!
気温が高くてあまり年末感はありませんが・・・。
外より家の中の方が何倍も寒いので我が家はこたつを出しました!

先日2泊3日で台北に行ってきました。
木曜日に次の日出発のパッケージで検索して2名で60000円もしない価格を見て

「これはいける!」

となり・・・
金曜日に仕事が終わって21:30の便で急遽台北旅行!
家を空けて旅行に行くのは実に2年半ぶりでした。(!)

1日目はすぐ就寝して2日目は早朝に出発して朝食を食べに行き、
その後定番の九份、士林夜市へ行ってきました。

 

タクシーは一切使用せず、公共交通機関と徒歩のみでの移動だったのですが日本語表記もあふれていて、標識がわかりやすく
迷うこともほぼありませんでした。(漢字圏なのでだいたいわかるのも大きいですね)

また、ローカルなお店でも日本語のメニューも置いてあったり
簡単な日本語を使用できるスタッフさんがいたりと、日本人観光客に優しい地域だなと感じました。

3日目は故宮博物院に行き定番の白菜を鑑賞(角煮は出張中・・・)し、
昼食を食べてから中正紀念堂衛兵の交代儀式を鑑賞後16:40分の便で帰国。

  

台北に行ってみて私が感じたのは

・ホテルのサービスや接客が良ければ多少の客室の不備には目を瞑れる
・言葉がある程度通じると思えば、今後その国に行くハードルが低くなる(気軽に行けるようになる)
・公共交通機関の使いやすさはかなり大事

上記の気持ちの部分に関してはそうじゃない人もいるかとは思いますが、
その時接した人の態度や雰囲気でその国自体のイメージが決まる人も多いと思います。

ほぼ何の下調べもなかったにも関わらずあまり不安感なく旅行できる海外でした。

沖縄もインバウンドの旅行者が多い中見習う部分が多くあると思います。
沖縄もより気軽に来ようと思える場所になるといいですね!

この記事を書いた人

稲垣南都子
稲垣南都子コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
沖縄を好きになってくれる人を増やし、より良い観光地になると信じて
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら