スプレッドシートにアナリティクスの数値を読み込む方法

自社サイトがどれぐらい閲覧されているかなど、サイトのアクセス数の状況やマーケティングなどに欠かせないGoogleアナリティクス。

高機能な分、画面に多くの項目があり、初めて目にする方や慣れていない方は、どこを見たらよいのか分からなくなる場合があると思います。

毎月のアクセス数や、年間の推移だけ確認したい!など、項目を絞って、レポートとして出力できる方法をご紹介します。

スプレッドシートへアナリティクスを読みこむ

レポートの提出には、ExcelやPowerPointなどを使用されている方も多いと思いますが、Googleのスプレッドシートは、アドオンでアナリティクスとの連携が行えます。

スプレッドシートに、アナリティクスの必要な項目だけを読み込み、グラフ化や整形すると、オリジナルのアクセス解析レポートを作成できます。

手順をご紹介します。

1. 読み込むためのスプレッドシートを作成


スプレッドシートを新規作成します。

2. アドオンで「Google Analytics Spreadsheet Add-on」を取得

上部メニューの「アドオン」から「アドオンを取得」を選択します。

そうすると、スプレッドシートと連携可能なアドオンが表示されます。

一覧から「Google Analytics」をインストールします。

上記でアナリティクスを使用するための準備はOKです。

3. 取得したい値や期間などを指定。

上部メニューの「アドオン」から「Google Analytics」を選択し、「Create new report」を選択します。

画面右側に値などを指定する入力欄が表示されます。

こちらに取得したいサイトや値を入力します。

入力後、下部の「Create Report」をクリックすると、シートにレポートを出力するための条件が表示されます。

4. 「Run reports」で値を表示

シートにレポートを出力するための条件が入りましたので、期間などを調整し「Run reports」を選択します。

そうすると、条件を基に値が別シートで出力されます。

5. 別シートなどで値を参照し、グラフ化。


出力した値を別シートで参照し、グラフ化したり、デザインを整えて完成です。

6. ファイルをPDFなどで出力。

最後にシートをPDFなどで出力すると、スプレッドシートでのアナリティクスレポートが作成できます。
また、レポートを時限式にする事もできます。1ヶ月に1回データ取得などを設定しておけば、毎月のアクセスの数値を自動的に読み込んでくれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら