【無料ツール虎の穴】画像編集にこれ一本!無料版フォトショップこと「GIMP(ギンプ)」

最近は沖縄も暖かくなってきましたね^^

ぽかぽかして気持ちいですが、気を緩めるとまた寒くなったりなど、この定まらない感じが好きです、末吉です。

家のこたつはもうしばらく出したままにしておきたいと思います^q^

 

さてさて今回4発目になります、「無料ツール虎の穴」シリーズ。

今回は画像編集の黙示録。

ソフトダウンロードから実践までを丸々パッケージした欲張りセットでお送りします。

それではお付き合いください。

絶対に避けて通れない、「画像を編集する」という作業

予約サイトを運営する上で避けて通れないのが「画像の登録」。

弊社の社員ブログでも、度々画像の登録の話題は上がります。

各サイトによって画像のサイズが違ったりするので、

その加工が主な作業だったりするんじゃないでしょうか。

多かれ少なかれ必ずやらないといけないんです、この作業は。

ただ、画像のサイズ変更だったり、
ちょっとしたトリミングを行うツールやソフトはいくらでもあるんですが、
後一歩足りないツール多いと感じませんか?

サイズの変更はできる、明るさ変更ができないとか、とにかくわかりづらいとか、
この作業はこのツールで、いったん保存してこの作業はこのソフトで行う、とか。

こういった使い方ももちろんありではあるのですが、どうせなら一回でまとめたい・・・。

登録する画像が多いと特に煩わしいんですよ、この一回一回の微調整が・・・(^-^;

前職時ではありますが、私はこの行程があまりにめんどくさすぎて自分で有料の画像編集ソフトを購入しました。

だって時間の無駄じゃないですか。無駄無駄無駄無駄ぁ!!じゃないですか。

時が止まるわけないじゃないですか。

 

・・・・唐突にジョジョネタぶっこんですみません、続けます。

 

画像編集ができるソフトと言われると真っ先に出てくるのが、

アドビ社のPhotoshop(フォトショップ)

これでできない画像加工なんてないのでは?というくらいの高機能っぷり。

特にLightroomは、一回使ってしまうともう他のものは考えられないぐらいの高性能っぷりです。

フォトショップだけのプランだと月額980円。

出せない値段ではないですが、そこを無料でどうにかしたいのが人情ですよね^q^

今日紹介するのはそこをどうにか無料にしてくれたツール、「GIMP(ギンプ)」

さすがにアドビ社のものと比べると、という部分はありますが、

画像のリサイズ、加工、明るさの調整などぱっと思いつく画像編集であれば、

無料ソフトの中ではこのGIMPが一番使いやすいと思います。

無料版フォトショップこと「GIMP(ギンプ)」、その機能

前述しましたが、フォトショップとほぼ同じような操作が可能です。

どのような操作をするかによっても変わってきますが、
探せばいくらでもGIMPの触り方出てくるとは思いますので、予約サイトへの画像登録時よく使う操作の
①画像のサイズ変更
②画像の明るさの調整

このあたりに的をしぼって紹介します。

さっそくダウンロードしてみましょう^^

「GIMP」
ダウンロード

リンク先の下記の方をダウンロードしてください。

 

そのまま手順通りダウンロードして、
「finish」を押したらインストール完了です。

起動画面はこんな感じです。
フォトショップなどの画像編集ソフトを触ったことがある人は、
なんとなくなじみがある部分もあるのではないでしょうか。

ダウンロードはこれで終了です。

では、操作してみましょう。

「GIMP(ギンプ)」で画像サイズを変更する方法。

画像サイズ変更で一番手こずるであろう、楽天のサイズ(500×500)に変更してみましょう。

①まず画面上部の「ファイル(F)」→「新しい画像(N)」をクリック。

②楽天用の画像サイズ500を幅・高さの部分に入力し、「OK(O)」をクリック。

③正方形の新規画像のたたきができます。これに画像を挿入し、500×500の正方形にしましょう。

④任意のフォルダから加工したい画像をドラッグ&ドロップで挿入。

今回は海の画像を加工します。

⑤ドラッグ&ドロップ完了。ここから元画像をいじっていきましょう。

⑥キーボードの「Ctrl」キーを押しながらマウスをスクロール操作し、作業しやすいようにしてみました。

点線部分が元の画像サイズ、正方形部分が新しく保存したい加工サイズです。

⑦画像を正方形に縮小してみましょう。左側のツールボックスから[拡大・縮小]アイコンをクリックします。

ショートカットキーは「Shift」+「T」です。

元画像(点線)の角をクリック。(4角どちらでもかまいません)

⑨拡大・縮小プロパティが出ます。

⑩画像部分にロックをかけます。(縦横比の固定)

未ロック状態

ロック完了

⑪この状態で元画像の隅をクリックしながら、正方形のサイズに合わせていきます。

決定したら「拡大縮小(S)」をクリックします。

⑫保存しましょう。画面上部の「ファイル(F)」→「エクスポート」をクリック。

「名前(N)」を決めて(①)→保存したいフォルダを選んで(②)→拡張子を決めて(③)→エクスポート(④)で保存されます。

特に指定がなければ②はJPEG画像でいいと思います。

 

お疲れ様でした!!

 

これで画像のサイズ加工は終了です^^

任意のフォルダに入っているか確認してみてください^^

「GIMP(ギンプ)」で画像の明るさを変更する方法。

今度は明るさを変えてみましょう。

①画面上部の「色(C)」→「明るさ・コントラスト(R)」をクリックします。

②「明るさ(B)」と「コントラスト(B)」のスライダーをいじりながら調整します。

右に行くほど明るくなり、左に行くほど暗くなります。

いじってみるとこんな感じです。分かりやすいようにわざとらしくしてみましたが、

ちょっとずついじりながら調整してください。決定したら「OK(O)」を押して終了です。

 

お疲れ様でした!!

 

これで明るさの変更方法は終了です^^

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

画像のサイズ変更に関しては別で色々やり方があるのですが、

そこは好みのやり方でやってみてください。

ほとんどの予約サイトの推奨サイズである画像サイズの4:3のサイズを知っていれば、

縮小・拡大の部分に任意の数字を入力すればもっと手軽にサイズ変更ができたりします。

※画像サイズに関しては、大城さんがまとめています。

【保存版】サイト別推奨画像サイズ一覧

冒頭でもふれましたが、操作方法や細かい技などはまとめサイトなどを活用してみてください^^

参考までに下記サイトのURL貼っておきますね^^

GIMPのネタ帳

http://www.gimp3.net/kowaza/shortcut.html

 

イラストレーターなどをお使いの方は、無料版イラレことインクスケープなんて無料ソフトもあったりします。

動画編集ならAviUtl(エーブイアイユーティル)というのが有料ソフトに匹敵する実力を秘めていると利用者は語ります。

(AviUtlは、ソフト起動から操作までに非常に知識と根気がいります。
無料で高機能ですが、かなりの時間の投資を有しますので、
どうせなら有料のソフト買った方がいいと思います。(経験談)

 

私の専門外なので今回のように操作説明まで紹介したりはしませんが・・・(^-^;

興味がある方は調べてみてください^^

 

末吉でした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら