ねっぱん!++予約情報CSV出力の使い分け

今回はねっぱんの「予約管理」内、「予約一覧/詳細」のCSV出力についてです。
予約検索時に一覧が画面上に表示されますが、予約データをCSV形式で出力することができます。
僕もねっぱんの分析機能に表示されないデータを取るときは、ここからデータを出力して集計を取っています。
そんなCSV出力ですが、ねっぱんのとある部分の形式次第で取得できるデータが微妙に違うことをご存知でしょうか?
ねっぱんトップページ内「予約管理」の「宿泊者カードの設定」から出力形式が選択できます。
基本的にはこちらはねっぱんの付帯機能、宿泊者カードの印刷に関わる設定をする画面なのですが、
ここからCSVファイルの出力フォーマットを選択することができます。

 
 
出力形式は「明細単位版」と「予約単位版」のふたつから選択でき、
それぞれ出力項目が微妙に違います。
大きな違いは連泊予約の出力方式です。
【明細単位版】
連泊の予約について、1泊ごとに金額や人数などの予約情報データが出力される。
【予約単位版】
連泊の予約について、1予約あたりの金額が予約情報データとして出力される。
明細単位版で出力すると、同一予約番号の記録が複数表示されます。
これは日毎の明細を基準として出力するため、1泊目のデータ、2泊目のデータ…と個別に出力されるためです。
また、予約単位版で出力すると、「予約キャンセル日」の項目が出現します。
逆に明細単位版で出力すると、予約キャンセル日は出力されませんので、
キャンセルが大体何日前から発生しているのか?というデータを取る場合は、
予約単位版での出力をおススメします。
分析機能は便利ですが、デフォルトでは取得されないデータも多くありますので
CSVファイルの出力をお役立ていただけますと幸いです。

関連記事

お問い合わせINQUIRY

お気軽にご相談をください。

宿泊施設の運営にお困りの事業主様、これから宿泊施設を運営したいとお考えの方
ご質問・ご相談などお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

採用情報RECRUITMENT INFO.

私たちと一緒に働きませんか

明るく、人と接することが好きな人で向上心がある人をお待ちしております。
(ホテル業・観光業・旅行業・営業職の経験者を優遇)

募集概要・エントリー

TOP