【知ってた!?】海外OTAの販売チャネルとプロモーション設定の割引計算

こんにちは!

本日は、海外OTAの販売チャネルとプロモーション設定の割引設定について。

海外OTAでは、「販売チャネル設定」というものがあり、販売先限定で割引が適用できる設定があります。

簡単にご紹介します。

【AGODA】

プライベートセール⇒通称APS。AGODA会員限定にしかみれない料金。登録した価格から10%OFFとなる。

プロモーションから設定可能です

 

【Booking.com】

ジーニアスプログラム⇒Booking.comの優良会員にしかみれない料金。登録した価格から10%OFFとなる。(優良会員とは、過去2年間の間に2件以上の予約および滞在を行ったお客さま)

但し参画条件あり。

1.Booking.com上で施設ページが公開されていること

2.クチコミが5件以上投稿されていること

3.都市/エリアでトップ50%のパフォーマンスを有すること

4.Booking.comの料金設定の基準をみたしていること

5.クチコミの平均スコアが7.5以上であること

※4と5は例外あり

条件を満たした施設のみ設定画面がでてきます

 

【Expedia】

会員限定⇒Expediaの会員限定にしかみれない料金。割引価格は任意。

プロモーション設定から、さらに「会員限定の追加割引」から設定可能です

 

[各サイトの計算]

これらの割引は、通常のプロモーション割引と併用することができるのですが、併用されるときの割引の計算が実はサイトによって違うのです!!

例:販売価格10,000円で早割28で10%OFFのプロモーション

【AGOGA】

10,000円-10%(早割28)=9,000円

9,000円-10%(APS)=8,100円

【Booking.com】

10,000円-10%(早割28)=9,000円

9,000円-10%(ジーニアス)=8,100円

【Expedia】

10,000円-(10%(早割28)+10%(会員限定))=8,000円

 

[まとめ]

上記の様に同じ割引設定ですが、最終的な販売金額が違います。サイトによって計算が違うんですね。

よって、割引が同じだから販売金額が同じかと思っていたら、実は少し差があったり…。

・AGODAとBooking.comは割引いたあとに、割引き。

・Expediaは割引き同士を足したあとに、割引き。

どれもチャネルは会員限定ですが、価格を揃えたい場合は、計算方法を覚えておくことが大切です。

 

この記事を書いた人

友寄健人
友寄健人コンサルティング事業部 アシスタントマネージャー
自分にできることを一生懸命やる!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら