【緊急!要確認!】Booking.comからの警告!!

緊急のため、いつものアイドリングトークは省略。

民泊新法の余波でしょうか、Booking.comから恐ろしい通知が来ています。

6月15日までに対応しないと非掲載になるそうです。

 

まずは管理画面のメールボックスをご確認ください。

管理画面の「Booking.comからのメッセージ」に下記タイトルのメールが来ていませんか?
【要確認】届出番号をご提出ください

内容は下記の通り。(全文)

———————-ここから——————————–
パートナー施設 ご担当者様

平素よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、観光庁より民泊サービスの適正な運営と健全な民泊の普及を図ることを目的とした住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されることとなりました。

Booking.com B.V.は、弊社サイトにおいて違法な宿泊施設を非掲載とする法的義務があります。

つきましては、短期賃貸宿泊施設を所有することを証明する届出番号を2018年6月15日までにご提供ください。法律に遵守し、届出番号をBooking.com管理画面の該当箇所にご登録いただきますようお願いいたします。

なお、住宅宿泊事業法以外の簡易宿所営業許可または特区許可証をお持ちの場合、届出番号の提供は免除されることがあります。詳細に関しましては、国土交通省のウェブサイトをご確認ください。

届出番号を取得せず、6月15日以降に番号を明示いただけない場合、旅館業法に違反する恐れがあります。その場合、宿泊施設パートナー契約書および一般取引条件を解約させていただきます(完了していないBooking.comの予約については、予約を履行し、未払いのコミッションを支払う義務があります)。

2018年6月15日までに行っていただくこと:

1. 届出番号を取得(必要な場合)

2. Booking.com 管理画面にログイン

3. 「宿泊施設」タブをクリックし、「設定」を選択

4. 届出番号を登録、または「住宅宿泊事業法の届出番号を必要としない場合はこちらにチェックを入れてください」の項目をチェック

お忙しいことと存じますが、本件について対応いただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

Booking.com
———————–ここまで—————————————

要は違法民泊対策。

「え、ふつうに許可証とって真っ当に運営しているけど・・・」

という施設様にも届いているようです。

今一度管理画面のメールボックスに上記内容が届いていないかご確認ください。

対処法。

以下、対処法です。前項のメールが来ていた場合、以下のように対応してください。

①Booking.com 管理画面にログイン

②「宿泊施設」タブをクリックし、「設定」を選択

③ 「住宅宿泊事業法の届出番号を必要としない場合はこちらにチェックを入れてください」の項目をチェック。

保存を押して終了です。

 

 

ご確認の上、対応をお願いいたします。

 

 

末吉でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら