Webサイトの機能カスタマイズについて

昨今のWebサイトは、Wordpress(ワードプレス)というシステムで制作されている案件が多く、日本や世界でも高いシェアを誇っています。

アメリカのホワイトハウスのWebサイトもWordpressで作られています。(※2018年11月現在)

そもそもWordpressは、ブログを作成するために開発されたソフトで、現在ではCMS(テキストや画像などのコンテンツを管理するためのシステム)として、広く利用されるようになりました。

Webサイトで、文字を大きくしたり、色を変えたり、画像を入れたりするには、HTMLやCSSなどで記述する必要があったのですが、CMSの登場によって、HTMLの知識が無くても、ある程度装飾してページが公開できるようになっています。

また、カスタマイズ性も高いため、管理画面からお客様が希望する箇所を、更新できるような機能を持たせたりする事も可能になります。

SNSに比べると、まだまだ更新がしづらいかもしれませんが、あらかじめ更新箇所を絞り、専用の管理画面を作成する事で、よりWebサイトの運用がしやすくなると思います。

時間や手間をかけたWebサイトをそのままにせず、カスタマイズを行い、更にサイトを成長させてみてはいかがでしょうか。

どういった機能を追加できるのか例を下記にあげてみました。

■メールフォーム系

・お問い合わせフォーム
・予約フォーム
・資料請求フォーム
・求人エントリーフォーム
・アンケートフォーム

■カレンダー系

・営業日カレンダー
・イベントカレンダー

■タイマー系

・タイムセール
・時限式のテキストやコンテンツ表示
・月毎のおすすめランチなど(自動表示)
・指定日時での記事公開

■チャット

・Webページ上にチャット設置。

■掲示板

ユーザーが書き込みを行い、意見や口コミなどを表示。

■レビュー機能

商品に対してユーザーがコメントを投稿。
☆マークなど、レベル付けも可能。

■電子書籍表示

画像をアップロードし、電子書籍風に表示。

■クイズ

・社内教育用
・キャンペーンなど

■電子サイン

・タブレットなどでサインしてもらい、
画像化してアップロード。

■写真系

・スライドショー
・画像ギャラリー
・美容室のスタイルブックなど
・保育園の保護者のみが見れる写真ギャラりーなど

■会員系

・会員にのみ表示するコンテンツ
・マイページ

■翻訳

・ページをGoogle翻訳して表示など。(簡易的な多言語サイト)

 

などなど。
また、機能を応用する事で、更に幅を広げていく事ができます。

Webサイトとして使用せずに、簡易的な顧客管理システムや、見積書・請求書管理システム、社内ポータルサイト、お問い合わせ管理システムなど、セキュリティ対策をしっかり行う事で、こういったシステムとしての構築も可能になります。

アイデアを盛り込んで、それぞれの会社にあわせたWebサイトを構築してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら