SNS!SNS!SNSってなーに?の巻

こんにちは。
冷え症なのでクーラーで凍えている仲程です。
真夏にストール巻いて仕事しています。
ちなみに向かいの席の仲田さんは元気にノースリーブ。
体感温度ってこんなに違うものですか?笑 Σ( ̄ロ ̄lll)

さて!みなさんはSNS活用してますか?

(; ̄ー ̄)・・・えすえぬえす??

って方のために↓↓

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英: social networking service、SNS)とは、
インターネット上の交流を通して社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築する
サービスのことである。(参照:ウィキペディア)

(; ̄ー ̄)……。

何か難しくなっちゃいましたが、要はインターネット上で人と人とのつながりを
促進・サポートする「コミュニティ型のWebサイト」がSNSということですね。
人と人とのつながりはもちろん、企業と人をつないでくれる役割も果たすSNS。
今は、SNSを使って情報を収集する人、かなり多いのではないでしょうか?

代表的なのがFacebook!
私はプライベートでは主にInstagram(インスタグラム)を利用しています。
Instagramは画像中心のSNSなのですが、やたらおっしゃれーな写真がタイムラインに常に流れてきますが、自分がフォローしている人のみなので、
なにか情報を探すときは自分でハッシュタグを辿って検索します。
FacebookやTwitterとは少し違う使い方になるかもしれませんね。

このように今や多くの人が利用しているSNS。
是非ビジネスに活用したい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

Facebook、Twitter、LINE、Instagram、mixi・・・世の中にたくさん存在するSNS。
どのSNSがビジネスに向いているのか?
より多くの人が利用しているのはどれだろう?って思いますよね。
ICT総研による「2014年度SNS利用動向に関する調査」のデータを参考に見ていきましょう。

■まず注目したいのは利用者数の拡大!

日本国内におけるSNS利用者は年々増加しており、

2015年末の国内ネットユーザー9,941万人のうち60.6%にあたる6,023万人がSNSを利用しているという結果。
利用者は10代~20代の若年層が多かったが、SNS利用が当たり前になり、
40代~50代以上の年齢層にも拡大し、今後も登録者・利用者ともにSNS利用率は増加していく見込み。

7eb6c9fc7c2f21f07879142b431ad7af

※出典:ICT総研

■LINEが利用率1位に!

ICT総研が2015年7月に実施したアンケート調査では、
4,227人のアンケート対象者のうち72.9%が「人とのコミュニケーション」を行う目的でSNSや通話・メールアプリを利用していると回答。
最もこのサービスの利用率が高かったのはLINE(ライン)で、昨年との比較では、
LINEの利用率が向上しているのに対してその他のSNSの利用率は伸び悩んでいる。
また、インスタグラムの利用率は昨年から大きく伸びており、今後の成長が見込まれる。
9234c1bb88bc0d135a9ca8d957e7ea01

※出典:ICT総研

なるほど~!
ちなみに一番利用率の高かったLINE。もともとメッセージサービス中心のアプリなので、
上記の結果は納得ですが、
今年2月にビジネスアカウント「LINE@」が全面的に刷新!
プライベート利用の高い通常のLINEアカウントとは別に、
あらゆるユーザーがビジネスなどで活用できる公開型のアカウントLINE@が、
ビジネスに活用しやすくリニューアルした模様です。
今後利用する企業がぐーんと増えそうですよね。
なんってったってアクティブユーザーがめちゃくちゃ多いですから!

じゃあじゃあ!!結局ビジネスに向いているSNSはなに?

・・・長くなったのでこの続きはまた次回にしたいと思います♪

みなさん、よい週末を☆
(飲み会があるから早く切り上げたわけではありません。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら