【SSL】認証局と認証レベル

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
皆さん、常時SSL化はもう終わっていますか?
今後のWEB業界では必須ですので、まだの方がいましたらお早めにご対応下さい。
「常時SSL化って?」って方は、こちらの記事をご覧ください。
最近、常時SSL化についてのご質問がありましたので、備忘録的に書きとめておきます。
 

【認証局(ブランド)】

SSLサーバー証明書を発行することが出来る第三者認証機関。SSLサーバー証明書はSSL暗号通信時に利用する証明書です。
サイト所有者の情報や、暗号化に必要な鍵や、発行者の署名データを持っています。代表的な認証機関をいくつかご紹介いたします。
 

・シマンテック(Symantec)

知名度・信頼性共に高いが、価格も高い。
 

・グローバルサイン(GlobalSign)

日本国内でのシェアは高い。また低価格での導入が可能。
 

・ジオトラスト(GeoTrust)

母体がシマンテック。シマンテックと比べると安価で導入が出来る。
 

・サイバートラスト(cybertrust)

EV導入を低予算で実現が可能。ただ知名度は少しだけ低め。
 

・ラピッドSSL(Rapid SSL)

ジオトラストの傘下の認証局で、さらに低価格で導入が可能。
 

・Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)

無料で利用出来る認証。ただしドメイン認証のみ。
 
 
 

【認証レベル】

 

・ドメイン認証:DV(Domain Validation) 認証レベル★

ドメインの確認のみで発行可能なSSL証明書です。オンラインによる認証のため、即日発行も可能です。
リーズナブルなものも多く「Let’s Encrypt」のように無料で導入できるものまであります。
 

・企業認証:OV(Organization Validation) 認証レベル★★

企業や組織など顧客情報、機密情報を利用するWebサイト向けのSSL証明書です。
登記簿謄本の提出が必要であったり、企業や組織の実在確認を行います。また証明書情報に企業名が表示されます。
 

・EV(Extended Validation) 認証レベル★★★

アドレスバーで安全を証明できる、もっとも信頼性の高いのがEVです。
アドレスバーが緑色に表示され、同時に企業名・認証局名も表示されます。
審査が厳しいうえに、費用も高く年間で十数万円以上と、もっとも高額になります。
 
 
 
と、いうようにSSLサーバ証明書と言っても様々な認証局に認証レベルがあります。大切なのは、そのホームページ、目的に合った認証局と認証レベルを選択することです。
 
導入後に認証局や認証レベルを変更することも出来ますので、「どれを選ばばいいかわからない」という方は、まずは無料の「Let’s Encrypt」から始めてはいかがでしょうか?
※別途、常時SSL化の作業代行費は発生致します。また、サーバーによっては、常時SSL化対応が出来ない場合もございます。
 
ファイブスターコーポレーションは、皆様のホームページ、目的に適した認証局(ブランド)と認証レベルをご提案させていただきます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
 

関連記事

お問い合わせINQUIRY

お気軽にご相談をください。

宿泊施設の運営にお困りの事業主様、これから宿泊施設を運営したいとお考えの方
ご質問・ご相談などお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

採用情報RECRUITMENT INFO.

私たちと一緒に働きませんか

明るく、人と接することが好きな人で向上心がある人をお待ちしております。
(ホテル業・観光業・旅行業・営業職の経験者を優遇)

募集概要・エントリー

TOP