Facebookのエッジランクをあげたいの。

台風一過とは。
台風が過ぎ去ったあとは、空が晴れわたってすがすがしい天候となることがある。
このことを「台風一過(たいふういっか)」と呼ぶ。
参考:wikipedia

「たいふういっか」ってなに?って方のためにwikipediaで調べておきました。
仲程です。こんにちは!

恥ずかしながら、私は2,3年前くらいまで「台風一家」って何だ?と思ってました。
でもこういう人は結構多いですよね?あるあるだと思います。(予想)
波浪注意報⇒Hello注意報と思っていた人も多いはず。(予想)

今日はスッキリ台風一過とはなりませんでしたね・・・。
朝から雨。
58号線が大渋滞でした。雨の日の渋滞大キライです(`Д´) ムキー!

さて、以前にブログでSNSのことについて書いたのですが、
そのなかで、FaceBookを運用するにあたって重要なのはエッジランクだ!とお伝えしました。
でも急にエッジランクとか言われても・・・って感じですよね。
そこで今日はエッジランクについて調べてみたので、まとめてご紹介したいと思います。

まず驚いたのが、FaceBookで投稿した記事のすべてがファンや友達に届いているわけではないってこと。

((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ

知っていましたか?

Facebookのニュースフィードには「最新情報」と「ハイライト」という2つの表示方法があり、
ほとんどのユーザーが「ハイライト」の設定でニュースフィードを閲覧しています。
「ハイライト」で表示される投稿の範囲や、表示順序を決定するのが
「エッジランク」というアルゴリズムの存在です。

Facebook

ちなみに「最新情報」に設定すると友達やファン全員の投稿が出てきますが、
基本の設定が「ハイライト」になっているため、
その設定の存在にすら気付いていない人が多いようです。

エッジランクが低いと、友達やファンのニュースフィードに表示されにくくなりますので、
せっかく投稿した記事をみてもらうチャンスが減ってしまいます。
なので、Facebookをビジネスに活用する場合は、エッジランクをあげる必要があります!

エッジランクの仕組みはこのような図で表されています。

57fa784d1ca56d526686b12fe069ddc61

【親密度】×【重み】×【経過時間】のそれぞれの要素を掛け算した値に、
2013年のアルゴリズム改訂から重要度が高まってきた、ネガティブフィードバック。

よくわからん。(o・ω・o)?ホエ?

とりあえず、各要素が充実してればいいんでしょ?!ってことで、
各項目の詳細を下記にまとめました!

 

①親密度 Affinity Score
利用者(友達、ファン)と投稿者との関係の濃さを示すもので、どれだけコミュニケーションを取っているかの度合いです。

・コメント
・いいね!
・タグ付け
・シェア
・メッセージ

新密度を上げるには、投稿に対して反応してくれた人へ「いいね!」や「コメント」を返すこと!
親密度は、一度高くなっても放置するとまた下がってきてしまいますので、
親密度を上げるには、継続的なコミュニケーションが大切になってきますね。

②重み Weight
・リアクションされた回数⇒ひとつひとつの投稿に対して「いいね!」「コメント」「シェア」などのリアクション回数が見られます。
一回の投稿でたくさんのリアクションをもらえるように工夫した記事を投稿しましょう。
・投稿回数⇒投稿自体にも重みがあります。
文字だけの近況よりも写真や動画の方が重みが高くなると言われています。

重みの評価を上げるには、投稿の内容を工夫して、たくさんリアクションを貰えるような記事を投稿しましょう。

③経過時間
これは、最近の投稿ほど表示される確率が高くなるということです。
まぁ、あたりまえなんですが・・・
ただ、過去の記事でも「いいね!」のリアクションがあれば再び上位表示される可能性もあります。

たくさんの人が見るであろう時間帯に投稿したり、コメント返しするなど工夫してみましょう。

③ネガティブ・フィードバック Negative feedback
最後は、2013年のアルゴリズム改訂から重要度が高まってきた、ネガティブ・フィードバックについてです。
・投稿が非表示にされる
・スパム報告される
・ページのいいね!が解除される
といった、ネガティブな行動をとられると、マイナスの評価を受けてしまうとのこと。
変な投稿をしなければ大丈夫です!

以上、Facebookのエッジランクについてのまとめでした。

Facebookもそろそろ飽きてきたぜーって感も否めないですが、
まだまだSNSマーケティングでの活用はできそうですよ。

少し気をつければいいことばかりなので、
エッジランクを意識しながらFacebookを活用するようにしましょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら
Copyright 2017 ファイブスターコーポレーション