沖縄の観光と環境のバランス!!

こんにちは町田です。

この時期の沖縄は一年で一番寒い時期と言われているのに暑くなったり寒くなったりと気温が不安定でつらいです・・・(´;ω;`)
娘は一番の早起きで起きたらごはんを要求するために体にダイブされて起こされます。。。(目覚まし代わりTT)
(爆食で成長真っ盛り–;)
言葉も覚え始めているのでこれからの要求がすごいことになりそう・・・
まあ、よく食べてくれるので親としてはありがたい限りです^^

さて、本日は観光立県沖縄のオーバーツーリズムについて触れたいと思います。
沖縄県以外にも日本は様々な方法で海外からの訪日観光客で観光産業が潤っているといっても
過言ではありません。
また、2020年にはオリンピックも控えているのでこの数年は観光客が増加していくことが予想されますが
過剰な増加は逆に現地にいろいろなダメージを与えることになってしまいます。
それが「オーバーツーリズム」です。

沖縄の入域観光客数は毎年プラスで更新され、順調のように見えていますがオーバーツーリズムの観点から見ると
各地域で観光客増加によるダメージが増えてきているのも現状です。(すでにダメージ受けているビーチもあるようです。TT)

同じ南国のタイやフィリピンでも珊瑚が壊滅したり、綺麗なビーチが汚水で汚れ閉鎖を余儀なくされる事態も起こっています。

いずれは沖縄の景観をそこねるということでタイやフィリピン同様に閉鎖という可能性があります。。。

そうなると沖縄の売りである「きれいな海」がなくなり、観光客も減少に転じてしまうでしょう!

ウエルカムんちゅになろうのキャッチフレーズで観光客を招きいれることはいい事ですがそれと併せて環境に生かされていることを
認識して沖縄の景観や自然を壊さず楽しんでもらえるような対策をしていくことが今後の大きな課題だと考えます。

対応することはたくさんあるかと思いますが一つ一つクリアしていき、また沖縄に来たい!という環境を作っていけるといいですね~!

話したいことを言った感じになりましたが・・・今回はこれにて失礼いたします。

この記事を書いた人

町田辰仁
町田辰仁コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
生まれ育った沖縄をもっと盛り上げたい!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら