【体験記】大人のための飼育係体験【水族館】

沖縄へ移住してもう5年目!
友人が来沖してアテンドする機会が多く、お食事処ならあまり悩まないのですが、
アクティビティや観光スポットの提案はかなり難易度が高い。

自分自身も楽しみたいから尚のこと楽しいことしたいし。

そこで見つけたのがみんな大好き海洋博公園・沖縄美ら海水族館で開催されている穴場イベント!

大人のための飼育係体験

もうタイトルからして楽しそうですよね?
「大人のための」っていうのがまた◎
遠慮しなくていいのです。大人だってガツガツ楽しみたい。
友人を連れて実際に体験してきましたのでご紹介いたします!

イベント概要

「イルカのお兄さん、お姉さんになりたい!」「動物園、水族館で働きたい!」・・・
その夢叶えてみませんか?
「大人のための飼育係体験」では、イルカ、マナティー・ウミガメの飼育現場でのお仕事をたっぷりと体験するという、一味違った動物たちとのふれあいをお楽しみいただけます。

[時間] 13:15~17:15
[内容] 飼育係の仕事についてのレクチャー
イルカ・マナティー・ウミガメ飼育施設周辺での飼育係体験
・イルカのトレーナー体験
・ウミガメの仔ガメの甲ら洗い体験
・マナティーの餌やり体験 等
オリジナルの生きもの解説板の作成
[料金] 無料
[定員] 各回15名

▶おすすめポイントその1

少人数制!しかも無料・・・!!

定員15名からさらに4つのグループに分かれて体験していくので、存分に楽しめます。

飼育係体験してみた

飼育係体験後に、グループごとに解説板を作成するので「マナティー・イルカ・ウミガメ」なにを担当するか選ぶことから始まります。

もちろん1番人気はイルカ!!!
4チーム中3チームがイルカという競争率でしたが、じゃんけんで見事我がチームがイルカゲット!(嬉)

とはいえ、体験は全ての生きもののブースを周ります。
引率してくれているトレーナーさんとともに、最初に行ったのが

イルカの餌づくり


室内のホワイトボードにはイルカごとの餌の種類や準備する量、残した餌の種類などびっしり書き込まれており
人間もそのまま食べれる鮮度のお魚がぎっしり保管されていました。

ちょっと体重増やしたいから脂の乗ったサバ!
カロリー控えめにイワシやトビウオなど。。種類も豊富。
魚が入ったバケツも一回一回全て手洗い。
こんなにしっかり管理していることに感動しつつ、せっせとバケツ洗いもしました。

▶おすすめポイントその2

写真ガンガン撮り放題!
ここもいいんですか?っていうところまで存分に撮影させてもらいました。

水質管理や、獣医さんが常駐するお部屋などバックヤードも見放題。

イルカのトレーナー体験

触れ合うだけでなく、技も体験できちゃいます。
体験中はショーを待つお客さんが大勢いる中できるので、ちょっとした優越感に浸りつつ…

私はジャンプを担当!

ぴょーん。
成功。

いつもより高く飛べたり、質の高いジャンプなら「今日は2匹!」「旬の秋刀魚!」
こうしてイルカも学んでいくのですね~。賢い。かわいい。

夜中はエサもらえないことが分かっているイルカたち、
夜勤の飼育係さんが現れるとヒレをもって抱っこしてもらいたくて列をつくるらしい。
遊んでほしいだけのよう。人間のこどもと変わらないね。想像しただけでなんてかわいいんだ・・・

触ったり写真撮ったり存分に楽しみました。

つづいて

マナティーにエサやりしてみた

飼育係さんイチオシだったマナティー館へ。

こちらでもまずはエサの準備!新鮮な野菜を切って量って。
こちらのマナティー、こだわりがあるそうで似た野菜でもグリーンボールは食べるけどキャベツは食べないらしい。
私でも絶対わからないのに。。。

穏やかなマナティー。
常にもぐもぐ。。。

「一気にたくさんあげると面白いよ」
とアドバイスを受け、カボチャを5枚重ねであげたみた。
全部逃すまいと両手で必死に食べてる…!!

か・・・かわいい・・・・

しかも回転や握手、実は技を隠し持っていたマナティー。

発見が多いマナティー館、ついつい長居してしまいました。

最後は

ウミガメの掃除をしてみた

現在改装準備中のウミガメ館。
バックヤードで待機しているウミガメ達に会ってきました。

日本に住むウミガメ6種類のうち4種類がここ海洋博公園では飼育されています。

ここでもエサやり。
普段あげない時間帯らしく、あまり食べてくれないカメたち・・・
「今日はやたらエサくるな…」と思っているのだろうか。


保護された赤ちゃんもたくさんいるよ~(´~`)


一番小さいタイマイちゃんを歯ブラシでごしごし。
コケがたくさんついちゃうので1匹1匹丁寧に磨きます。

大人の亀はデッキブラシでゴッシゴシ。
結構な力作業。

「ごはんですよ」の香りがしました(大好物)

さて、以上で飼育体験は終了です!体験時間は約3時間程でしょうか?
これから集合場所に戻って解説板を作成します。

K-1(解説板)グランプリに参戦

構成を考えるひと、キャッチコピーを考える人、解説文を考える人、挿絵を描く人
それぞれ得意分野に分かれて作業すること30分。
グループごとに最後は発表します。

▶おすすめポイントその3

大人の本気がおもしろい。

大人の自由研究っていう感じで
改めて小学校に戻った気分。それに大人の経験値が加わり各々得意分野を発揮するのでとても面白いのです。

知らない人同士なのですが、やたらプレゼンがうまい人、
プレゼンの前の前説をする人、文章のクオリティ等々…

まさかこんなにしっかり作ることになるなんて思っていませんでしたが、
振り返ってみるとこのまとめ作業が醍醐味のような、満足度の高い体験イベントでした。

イベント期間中No.1の解説版を決めるK-1グランプリがあるとかないとか。
実際に飼育施設で掲示もされるようなのでちょっと楽しみですね~。

グランプリ、取れるかな・・・

2019年度も開催されるのかは未定ですが、
SNS等で情報を見かけた際は是非!!!ご参加をオススメします!

体験してからは2倍、いや3倍水族館が楽しめそう。

いつかイベントでお会いしましょう。
以上、毎年参加を決意した川口でした!

この記事を書いた人

川口瀬菜
川口瀬菜コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
機会は待たず、自らつくる。
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら