はじめましての青森県。【ラッセーラー】

青森出張に行ってきました。

弊社では初めてとなる温泉施設様ということで、
既に動き出してはいるものの、念願の現地訪問となりました。

今、観光で人気急上昇中の青森。

はじめての東北

はじめての国内乗り継ぎ

はじめまして青森県。

「道が広い」

これがはじめの感想。
ねぶた祭りの会場だからなのか、一度は見てみたかった「ねぶた・ねぷた」
「ねた」もあるって知ってましたか?

青森ねぶた

弘前ねぷた


ねぶた ねぷた 違い – Google 検索

 

これまたはじめての「ねぶた祭りプラン」を作っていて初めて知りました。

青森ねぶたに興味津々な我々は、前年の受賞ねぶたが展示されている「ねぶたの家」へ

壮大なねぶたに圧倒されつつ、
施設の方はみなさん実際のお祭りで囃子をされていたりすることもあり、
とっても詳しく、且つ丁寧に解説してくれました。

祭り体験もあったり

歴史を学び
生演奏を聴き
ねぶたに触り…

た、、、たのしい。。。

観光の時間があまりなかったのですが駅近な「ねぶたの家 ワ・ラッセ」の満足度高しでした。

 

 

さて、クライアント様の施設は青森市内から車で約1時間程。
壮大すぎる山々。

今の時期でもかなり涼しく、冬場は大雪が予想されます。

山の中ならではの問題や雪国ならではの問題。

沖縄では直面することのない問題ばかり。

とても勉強になります。

 

こうして沖縄にいながら、遠方の施設様と一緒にお仕事ができるのはとてもありがたいことです。
場所を問わないのがWEBの最大のメリットですが、

今回のように実際に直接行ってみないと分からないことや、従業員の方の想いを聞くこともなかったでしょう。

 

最小限の従業員数で運営しているとのことでしたが
一人一人のスタッフさんがプロ意識を持って業務を全うしている姿に感動しました。

一流ホテルのようなスマートなサービスではなく、
本当に心のこもったサービスが心地よく、何度でも帰ってきたくなる。そんな不思議な魅力で溢れています。

施設への愛情がひしひしと伝わってきました。

電波はほとんどなく、お水は天然水。電機は発電機。
とても便利とは言えない場所ですが、行った人にしか分からない有意義な時間が流れています。

 

普段は電話やメールでしかやりとりをしない施設様でしたが、

施設の方が言葉にしない想いをを汲み取って
私たちは、WEBというツールを用いて正しい情報を、より多くの人に伝える責任があると実感しました。

 

感じたこと、伝わってきたこと、

 

想像力を掻き立てるヒントを施設様に代わって、これからも全世界に発信していきます。

この記事を書いた人

川口瀬菜
川口瀬菜コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
機会は待たず、自らつくる。
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら