平成29年入域観光客数

こんにちは。

国際通りやメインプレイスをぶらぶらしていると県外の方言や、違う国の言葉があちらこちら聞こえてきますね。

メインプレイスの電化製品店は海外の方向けに商品名が分かりやすいよう多言語化されています。

日本の電化製品は質がいいと有名なことから爆買いしている観光客の姿を見つけた山城です。

 

今回は観光客が増えてきているなか、沖縄の観光客数を調べてみました。

 

平成29年の観光客数は、939万6200人。4年連続過去最高記録を更新

前年に比べると、78万3100人プラス!

 

■月別の入域観光客数の推移(平成27年~平成29年)

増加した原因は次の通り考えられると 沖縄県文化観光スポーツ部 観光政策課が発表

●行政や民間が一体となったプロモーション活動により、沖縄の認知度向上や旅行意欲の喚起を図ったこと。

●離島直行便など国内航空路線の拡充による国内客の増加

●東南アジア方面などの海外航空路線の拡充・クルーズ船寄港階数の増による外国客の増加

 

年々観光客が増えてきている中、海外からの旅行者が特に増えております。

平成29年の海外客は、過去最高の254万2200人。去年より約20%の増加となった。

 

去年はクルーズ船の寄港も増えた事もあり、空路・海路ともに、過去最高記録を更新しております。

海外旅行者が増えてきているなか、沖縄の宿泊施設も年々増加しており、平成27年から28年まで約159軒もの新しい宿泊施設が出来ております。

新しい宿泊施設が増えることにより、沖縄の経済も良くなっていきますが、その反面宿泊施設の競争率がさらに増していきます。

国内だけで販売しているお宿さんは、これからは海外サイトにも注目していただきたいです!

 

引用:沖縄県ホームページ(沖縄県文化観光スポーツ部 観光政策課)

おすすめ海外OTA

【Expedia】 Expedia独自のセールが毎月多数開催。施設の管理画面も使いやすく初心者にはおススメ!

【agoda】中華圏の販売に強いサイトagoda。agodaオリジナルの中華圏専用プランも作成できる。東南アジアからの旅行者が多い沖縄にはもってこいのサイト!

【Booking.com】大手OTAのBooking.comの強みは現払い限定のシステムを導入し、予約が取りやすいことから多くのユーザーを保有。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら