【Agoda】プロモーション、チャネルについて

皆さん、こんにちは!黄です。

よく施設様から『Agodaの実際販売額の計算方法』に関するお問い合わせがあります。

プロモーション、チャネルの設定・併用状況など、色々気を付けなければならないですね。

新しいチャネル、新機能もリリーズされたため、

今回はプロモーション・チャネル及び注意点を簡単にまとめました。

 

まずはチャネル一覧は以下のようになります。

チャネルの追加や停止、割引率の変更、設定状況の確認については、

管理画面で操作できないのでAgoda担当者へ連絡。

それでは、プロモーション、チャネルを設定する際に、注意点は以下のようになります。

①チャネル同士の割引が併用されません。

例:日本人の方(-15%)がモバイルアプリ(-20%)で検索⇒割引率が高く設定されているモバイルアプリチャネルの料金が上位表示される。

 

②チャネルとプロモーションの組み合わせ⇒基本的には併用する。させないことも可能。

※併用する場合は、掛け算か足し算になります。

※プロモーションからAPS、Agoda VIP、Go localを除外することができません。

例:【掛け算】プラチナ会員(-20%)が早割プロモーション(-10%)で検索⇒元値料金に対し-28%で販売される。

【足し算】プラチナ会員(-20%)が早割プロモーション(-10%)で検索⇒元値料金に対し-30%で販売される。

 

③通常プロモーション同士の割引率⇒併用させることもさせないことも設定可。

例:Retailの販売チャネルで早期(-10%)かつ連泊(-20%)の予約⇒併用なしだと元値料金に対して-20%が適用される。併用ありだと元値料金に対して-28%で販売される。

 

④セールプロモーション同士の割引率が併用されません。

※基本料金プランのほか、カスタマイズプラン、スペシャルオファープランも適用になります。

例:メガセール(-5%)期間中に、24時間限定タイムセール「Super Wednesday」(-20%)で検索⇒割引率が高く設定されているセールプロモーションの料金が上位表示される。

 

通常プロモーションとセールプロモーションの組み合わせ⇒基本的には併用する。

例:メガセール(-5%)期間中に連泊(-20%)の予約⇒元値料金に対して-24%で販売される。

 

上記以外にも設定等ご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら