変わり続ける那覇空港と就航路線まとめ(2019年3月)

こんばんは、高橋です。

最近数年ぶりに那覇空港国際線を利用し変わりっぷりにビックリしました。(遅)

変わり続ける那覇空港より最近のトピックスをご紹介します。

①2019年3月19日「際内連結ターミナル施設」運用開始

国内線ターミナルと国際線ターミナルを連結させるターミナルが登場。

2019年3月21日からはLCCビルにあったバニラエア・ピーチも連結ターミナルに移動。

LCCターミナルまでは専用バスでの移動が必要でしたがなくなりました。

また国際線へのアクセスも連結したことによりスムーズに(^o^)

 

②これからできるもの

・ANAチェックインカウンター 手荷物検査自動化

3月20日より順次導入が進められており年内にカウンターフルリニューアル予定だそうです。

ANA、那覇空港の手荷物検査を自動化 デザイン刷新で動線改良も


2月からJALもすでに導入していますね。
ANAユーザーとしては嬉しいニュースです(‘ω’)

 

・国際線CIQ(税関・出入国管理・検疫)施設

来夏完成予定で現在の2倍の規模になるそう。
出入国の際の長蛇の列に並ぶのがしんどいですよね(‘ω’)少しでも緩和されますように(‘ω’)

 

・第2滑走路2020年3月末増設予定

離発着の混雑時間帯は飛行機に搭乗してから飛び立つまでの時間が異常に長いです。
あの間によく寝ちゃいます。 完成が待ち遠しいです。

 

 

③那覇空港就航路線(2019年3月現在)

44都市46路線
(海外14都市14路線、国内30都市32路線)

☆海外
韓国(ソウル、大邸、釜山)
中国(北京、天津、南京、上海、杭州)
台湾(台北、台中、高雄)
香港(香港)
シンガポール(シンガポール)
タイ(バンコク)

☆国内
北海道・東北(札幌、仙台)
関東・中部・近畿(東京(羽田、成田)、茨城、新潟、小松、静岡、名古屋、大阪(関西、伊丹)、神戸)
中国・四国・九州(岩国、沖永良部、広島、岡山、松山、高松、福岡、北九州、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論)
沖縄(石垣、宮古、久米島、北大東、南大東、与那国)

 

就航路線を基に国別のチャネルやプロモーション、国内の地域別広告のお話をまたしたいと思います。

機能強化がどんどん進み、就航路線も増え、日本トップクラスのハブ空港になる日もそう遠くないかもしれません。
沖縄の観光業がさらに活発になりますように…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら