わたしたちの仲間を紹介します。

スマートフォンアプリやWebサイトのUIデザインに特化したプロダクションです。ユーザーに役立つアプリやサービス等の事業を展開する企業に対し、ユーザーの課題解決とビジネスゴール達成を両立するだけでなく、使うことで喜びを感じ、製品を好きになってもらえるようなUIデザインを提供することで、事業の成長に貢献します。 なぜなら、優れたUIデザインはユーザーが持つ課題の解決とビジネスゴール達成を両立し、関わった双方に対して便益を与えることができるものだと考えているからです。そうなることで、そのサービスやプロダクトに関わった人はそれぞれ、今まで出来なかったことが出来るようになり、より魅力的になれるし、より自分に自信を持てる。より貴重な時間やコストを節約できたり、より楽しい時間を過ごすことが可能になります。そうやって満足してくれた結果として彼ら・彼女らが笑顔になってくれる。私達は、そのきっかけを作る事にデザインでコミットし続ける事で、社会に貢献していきたいと考えています。

沖縄が大好きで、沖縄のために何かしたい!

HIROYUKI SUZUKI

ウェブコンサルタント・ウェブデザイナー鈴木 裕之

沖縄県生まれ、沖縄県育ち、沖縄の人とはだいたい横つながり♪

沖縄県生まれ、沖縄県育ち、沖縄の人とはだいたい横つながり♪の鈴木裕之(すずきひろゆき)と申します。
沖縄が大好きで、沖縄のために何かしたい!幼少時代からそう思い育ってきました。

祖父の代からホテル業を営んでおり、ホテルが大好きで、行事ごとによく家族で宿泊しておりました。そのころからホテル業や観光産業に興味があったのかもしれません。「大人になったら、おじいちゃんやお父さんよりも大きなホテルを建てるんだ」と、作文に書いたのを覚えています。

幼少時代

小学時代は、開南小学校に通い、吹奏楽部に所属し2年生から卒業までの5年間、団体行動を学びました。40人以上が一斉に奏でるアンサンブルは、一人一人の努力の結晶が集まって一つの大きな感動を創り出す。日々の厳しい練習や努力が大きな力を生み出す。そういった環境や恩師にも恵まれ沖縄県代表として、九州大会や全国大会などで優秀な成績を収め、微力ながら沖縄県を広める活動をしてきたんだっ!と自画自賛しております(笑)

我々プロの集団にお客様の悩みやお気持ちをお聞かせ下さい。

中高はテニスに明け暮れる毎日

中学・高校は、テニス部に所属し日々テニスに明け暮れ、厳しい練習に耐え、九州大会などに参加し、こちらも微力ながら沖縄県を広める活動をしてきたんだっ!とさらに自画自賛している次第でございます(笑)
このような学生時代を経て、沖縄県内のホテルに入社しました。営業や販売員など様々な立場からお客様と接することがありました。そんな中、ホテルの運営業務を行う部署に配属され、フロント、ブライダル、料飲、予約、営業、経理、総務など、ホテル全体の各部署と関わることができ、色々な経験を積んできました。

WEBの世界

業務の一環として、WEBの世界に携わることがあり、そのことがきっかけでWEBの世界に関心が高まり、その会社を退職しました。
その後、WEBの基礎から学び、ウェブマスターの知識を得ました。
どんどん加速するインターネット時代、未知の可能性がそこにある!その魅力に魅せられ現在に至ります。
お客様と、より良いお付き合いを目指して、努めてまいります。
お客様の幸せのために、その幸せが私の幸せを運んでくる。『愛出ずる者は愛返り、福行く者は福来たる』ということわざがあるように、お客様を大切にしていきます。

HIROYUKI SUZUKI

【好きなスポーツ】
『テニス』
中学、高校とテニス部に所属していました。中学時代は県代表として九州大会などにも参加するなど、テニスに明け暮れる毎日でした。

【特技】
『シルバーアクセサリー作り』
人と同じものが嫌いな私。ただ単純にかっこいいものが無い。無いなら作ればいいか!そう思った私は、彫金を学びました。自分に合ったものが一番かっこいい!依頼があれば受注します!!

【好きな言葉】
『ONE FOR ALL ALL FOR ONE』
『一人はみんなのために、みんなは勝利のために』決して一人では勝利はつかめない!
そう思うのは私だけでしょうか?ちなみに私のバンドの楽曲名にも使っています。

【好きな映画】
『BACK BEAT』
ビートルズの青春の日々を、スピード感あふれる演奏シーンと愛情あふれる描写で完璧なまでに描いた傑作です。この映画を観てバンドをはじめました。

【近況報告】
学生時代以来やっていなかったテニスをここ最近からやっています。
しかし、昔のようには動けませんね。

【座右の銘】
『愛出ずる者は愛返り、福行く者は福来たる』
気づかない気配りが、人を幸せにしてくれる・・・
そんなこともあるのではないでしょうか?

鈴木裕之のブログ 鈴木裕之のfacebook

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら
Copyright 2017 ファイブスターコーポレーション