【社員研修地獄変】絶対に笑ってはいけない新入社員研修!

金城さんのOJT・Off-JTについてのブログと、
前職の同僚から最近お店がリニューアルオープンして研修したという話を聞いて思い出したので、
僕が前職で受けた新入社員研修の話を淡々と書こうと思います、末吉です。

教育という大きなテーマに私のような若造が言及するつもりはまったくありませんし、
私が今から書くような研修を現在も行っている企業様を批判するつもりも毛頭ありません。
単純に今でもすごくいいネタ思い出になっているという、そんなお話。

(ちょっと長いので分割します。)

新入社員研修と言えば、
社会人としての心構えとかビジネスマナーとか、そういったものを外部講師を呼んで学ぶ、
座学や講義、時にはロールプレイングを交えて行うようなものだったりするイメージがありますよね。

中には軍隊よろしく無人島に1週間サバイバルとか、なかなかスパルタなものもあったり内容は企業によって様々。

私の場合は上記の内容をミックスしたような内容でした。

地の獄!底の底!絶対に笑ってはいけない新入社員研修!

私が前職で新入社員研修をしたときは、さすがに無人島とまではいきませんでしたが、
まだまだ雪が残る山奥のスキー場で、2週間泊まり込みでの研修でした。

まぁ、やることはほぼ軍隊みたいでしたけどね^^

専門的な話を学ぶ座学の時間ももちろんありますが、

雪が降る屋外で朝6時から全力ラジオ体操とか、

3秒以内に集合する訓練とか、

社訓を暗唱するとか、

7大接客用語を発声のタイミング・お辞儀の角度まで寸分の狂いなく全員で合わせるとか、

できなければ100人くらいの新入社員全員が見ている前でトレーナーに罵倒されるとか、

研修最後の総仕上げは、24Kmの道のりを歩かされるというものでした。

※後程細かく書いていきます。

 

初日は笑ってしまうんですよ、生でいきなり男塾の塾長みたいなことを言われるわけですからね^^
「本日より君たちのトレーナーを務める○○である!」
といった感じで^^

 

「ブッ」て噴き出した人は鼻先3センチ位の距離まで顔面を近づけられて

 

 

「貴様・・・・何がおかしい!!!」

上図のように問い詰められるんです^^

 

 

リアル「絶対に笑ってはいけない」シリーズ、開始。

※ただし、罰ゲームはケツバッドではなくメンタル攻撃とする。

いい知れない不安をはらみ、研修がスタートするのでした。

つづく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら