女性の消費行動とライフスタイルに関する調査が面白かった件

こんにちは。仲程です。

では、本題に入る前に、お盆ですので怖い話をひとつ。
それは、ある夏の日のことでした。
1組のカップルが沖縄の某リゾートホテルに遊びに行ったんです。
プールで遊び、美味しい夕食を食べ、楽しいひとときを過ごして就寝。

夜中2時すぎ。
「ドンドンドンッ」
突然何かを叩く音がして目覚めた彼氏。
「ドンドンドンッ」
誰かがベランダの窓を叩いているのです。

でも、そんなはずはありません。
だって、ここは地上9階のオーシャンビュールーム。
ベランダに人がいるわけないのです。

恐ろしくなった彼氏は、寝ている彼女を起こそうとしました。
しかし、彼は思いました。

「彼女を起こす方が怖い。」

そうです。
彼女の寝起きは最低最悪のタチの悪さ。
無理やり起こそうもんなら、幽霊もびっくりの鬼の形相でブチ切れるのです。

夜中2時といえば、レム睡眠からノンレム睡眠へと切り替わり、深い眠りに入って極上の幸せの真っ最中。
そんな時に起こしたら、何よりも恐ろしい地獄が待っていることは容易に想像できました。

・・・「ドンドンドンッ」

彼は、ベランダにいる何者かの恐怖に耐えながら、朝まで過ごしたそうです。
幽霊よりも彼女が怖いという彼は、一晩中どんな心境だったのでしょうね。

どうですか?怖かったですか?
ノンフィクションですよ。
だって、この尋常じゃない睡眠欲の女は私だから…

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

さて前置きが長くなってしまったので、本題はさらっといきますね。すみません笑
今日は面白いレポートがあったので、ご紹介したいと思います。
女性ならではの視点で、女性のための様々な情報を発信するwomedia Labo*
(ウーメディア ラボ 運営:トレンダーズ株式会社)が、
7月29日に、「細分化する女性たちの消費行動」をテーマにしたレポートを発表しました。

prw_PI1im_3DuAXTg8-300x252

細分化が進む女性の消費行動を、ゆとり・さとり世代からバブル世代まで、
4つの世代別に分類した上で、消費行動や嗜好、情報収集方法などに基づき、
象徴的な女性像を12タイプにカテゴライズしたレポートです。

世代やタイプによって変化する、SNSの利用実態や、情報収集の仕方、消費行動。
とても興味深かったですよ。
ちなみに私は「はざま世代」でした。はざまって・・・笑
もし良かったら読んでみてくださいね♪

⇒⇒細分化が進む女性の消費行動(トレンダーズ株式会社)

レポートが見れない方はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら
Copyright 2017 ファイブスターコーポレーション