ご近所がテレビに映っていた時の興奮は異常

先日何気なくテレビを見ていると、僕の故郷の伊是名島がテレビで紹介されていました。

 

しかも全国区。

(沖縄は再放送だったみたいです)

 

「ガイドブックに載らない」という特集で、「最強のおもてなしの島」、「青い海と奇岩の島」という紹介をされていました。

その中でも特に下記については番組中でかなり驚きの声が上がっていて。

 

【イヒャジューティー】

島に宿が無かった時代に旅人を自宅に迎え入れもてなした習慣が残っているもので、
民家の玄関や軒先には必ずと言って良いほどお茶とお菓子が用意されている。
赤の他人が立ち寄ってもお茶やお菓子をふるまってくれるというまさに「おもてなし」の風習。

 

要は

「縁側に置いてあるお茶とお菓子は勝手に飲み食いしていいよ」

ということですね。

 

それで「最強のおもてなしの島」といううたい文句で紹介していたんですね、なるほどなるほど^^

 

 

それでは当の島出身の僕からツッコませて頂きますね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、普通じゃなかったのかよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前の光景過ぎてまっったく意識したことなかった^q^

 

 

 

むしろそれに名前あったんだ^q^

 

 

いわゆる「田舎の方」では普通にやってることだと思ってました^q^

 

民宿を営む僕の祖母の家は言わずもがな

隣の家から商店に至るまで

 

縁側には急須に湯飲み、お菓子が盆に鎮座する

 

これが普通の沖縄の田舎の光景だと思ってました^q^

 

 

 

こんな感じの家でこの辺に

こんな感じで!!

 

お菓子もせんべいとかちんすこうとかサーターアンダギーとか黒糖とか、

あんまり子供が喜ばないものが入ってて!
(決してディスっているわけではない)

チョコレートやクッキー、歯が欠けるほど固いちっちゃいキャラメルとかが入っているとかなりラッキー!!な感じで!

お盆の後はレモンケーキとマドレーヌを兄弟で争奪しあう感じで!

お使いでいったお家でお菓子とかみかんいっぱいもらう感じで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ないの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ないのか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

^q^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われるまでわからないものですね、小さい頃から見ていた普通というのは。

 

 

 

 

 

 

 

客観的に島のことを見れた、そんな一日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かまた見つけたら、ここで報告したいと思います。

 

 

 

 

末吉でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら