沖縄県の入域観光客統計概況から見るホテルの予約トレンド

沖縄県の文化観光スポーツ部観光政策課観光文化企画班の発表によると、沖縄県の入域観光客数は年々増え続けています。

さて皆様は、月別の入域観光客数のランキングをご存知でしょうか?
なんとなく感覚値として分ってはいるものの、正確に答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか?平成25年度でみると以下のような結果となっております。

ランキング入域観光客数前年増減率
18月705.5千人 16.2%
23月630.2千人10.8%
39月607.4千人 19.7%
47月583.9千人 6.1%
510月543.0千人4.5%
64月516.3千人9.6%
712月515.5千人11.2%
811月513.6千人6.3%
92月503.1千人8.6%
101月495.1千人15.2%
116月489.1千人14.7%
125月477.6千人14.7%

年間トータルでは、658万300人で、対前年65万5600人増(+11.1%)となり、過去最高を記録した平成20年度の593万4300人を64万6千人上回る大幅増となりました。(出典:平成25年度入域観光客統計概況(平成26年4月21日発表)
伸び率では1位が9月で、前年から19.7%増、7月を抜いて4位→3位になっています。
改めて数字にしてみると、感覚値でとらえていたランキングと少し相違がありませんか?
恥ずかしながら私は、多少ずれていました。反省しています。

さて、このような沖縄県の入域観光客数のデータと、ホテルの月別宿泊者実績を照らし合わせた時に、沖縄県全体のトレンドと、合致しているかが重要ポイントとなってきます。
再度、検証してみてはいかがでしょうか?
もちろん、修学旅行、団体客を受け入れているホテルと、そうでないホテルでトレンドが若干変わりますので、その辺を加味したうえで分析してみてください。

好調な沖縄観光産業、最近では、街中を歩いていると外国人の姿も数多くお見かけします。
次回は、外国人観光客数の推移について書きたいと思います。

この記事を書いた人

鈴木 義浩
鈴木 義浩ゼネラルマネージャー
人に喜んでもらえる仕事。感動してもらえる仕事。
お互いが幸せになれるよう頑張ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら
Copyright 2017 ファイブスターコーポレーション