あの日の記憶【その場所での咲かせ方】

今年もあと少しですねぇ、私は夢を乗せて宝くじも購入しました

し皆様年末への準備は済んでますか。

年末になるとやり残しと後悔の日々を毎年安定間抜群で繰り返し

てる気がする坪石です。

 

さて、最近は内容的にネガティブな投稿が続きましたので今回は

思い出話を少々。

数年前ですが、ホテル勤務時代に6年近く毎年新入社員研修を受

け持ち毎年30人~40人近くの新卒の若い社員に社会人としてのス

タート準備の研修を担当実施しておりました。

楽しいことより厳しいことの方が多い実社会においての心構えと

戦い抜く為の武器の使い方など、自身の経験をもとに伝えたつも

りでしたが私の伝え方が悪くあまり参考にならなかったようです。

※当時の研修生の皆さんごめんなさい。

既に多くの職員が退職しており自分も退職していますので、当時

の職員と話すことも減っており当然全員と連絡を取っていません

ので、現在の彼等の職場も数名しか知りません。

 

そんなつい先日、某リゾートホテルへ仕事で伺う機会があった際

に、数年前は研修生だった子がお客様に寄り添っているとても良

い表情で接客をしているのを目撃し、とても嬉しい気持ちになり

ました。

知り合った頃とはお互い立ち位置や職場は変わりましたが、辛く

悔しい思いを散々したであろう観光業に現在も携わり当時よりも

見違える程成長している姿を見せて頂き彼の「花を咲かせている」

現状に心が震えてしまいました。

 

「人の可能性は無制限」

 

その昔、若い頃に年配の上司に言われた言葉です。聞いた際は「

なんやそれ」と正直に思いましたが、今なら素直に受け止められ

ます。その人の能力はいつ開花するかは誰にもわかりませんし、

未来は想像できても覗くことはできない。

私は、昨日の自分より今日の自分の成長を期待していますし何よ

り楽しみでもあります。

(年齢的に私の成長幅は粗ゼロだと思いますが)

 

なにより経験はその人しか出来ない体験であり他人では決して優越

は付けられないもの。

上から目線ですが敢えて言います!

 

「ええ経験しとるのぉ」

「今」を大事にしんさい。

方言で書いてすみません。(気持ちが入ってます)

 

多分このBLOGは見てないでしょうが、素晴らしく輝いていまし

たよ。

ありがとうございます、感謝です。

 

今回は最近あった出来事を少し感情に揺さぶらされたまま書いて

みました。次回からはもう少し為になることを書いていこうと思

います。

今回は私的な感じで申し訳ございません。

この記事を書いた人

坪石和大
坪石和大開発・オペーレーション事業部 チーフマネージャー
ホテル開発のプロフェッショナル
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら