毎日のオンハンド!

WEBコンサルタント小禄です。(^0^)
宿泊施設様の現状を把握し、集客UPのお手伝いをしています。

今日は毎朝行うオンハンドについてお話していきたいと思います。

オンハンドとは、宿泊施設様の予約数を意味します。
各OTAの予約件数を集計し、総合的な販売額や販売室数・販売人数などを把握します。
この数字はとても重要で、データを積み重ねていくことによって様々な事柄に活用できます!

前年同日比(前年比・前年差)など、過去のデータと比較することによって、、
未来予測の活用に対して早めの対策や行動が可能になり、実績を積み上げることもできます。

その他にも、稼動率や客室単価、同伴係数などを算出し、施設様の現状や強みを把握することも可能。

宿泊施設を利用したいと考えるお客様の数は、イベントや季節、休暇などによって大きく異なり、
いつ、誰に向けて、どのようなプランを販売するか、収益損失を防ぐためにどのような料金幅で設定するのかなど、需要に合わせた設定を行うことで、宿泊施設様の集客アップを高めています。

需要予測を正確に行えるように、日々マーケット情報を収集し、集客アップのお手伝いに磨きをかけて努力していきます♪♪

この記事を書いた人

小禄美沙
小禄美沙コンサルティング事業部 ウェブコンサルタント
エメラルドグリーンに光輝く沖縄の海が大好き!
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら