【必見!】Googleマイビジネスで施設名を英語表記にも対応させる方法!

寒い日が続きますが

会社内ではいまだに半袖の玉城です!

来週からは長袖の日もちょこちょこ出てくる予定です (~_~)

 

早速、本題にはいります!

先日、私が投稿いたしましたGoogleマイビジネスについての続きとなります。

「Googleマイビジネスって….?」という方は前回の記事をチェック!

【すでに常識!?施設アピールの強い味方!】

 

次の2枚の画像を見て何が違うか分かりますか?

ブログのタイトルからネタバレとなっていますが、

①日本語のGoogleマップ

②英語のGoogleマップ

の違いとなっており、

②の画像のいくつかの施設が英語表記になっているのが分かると思います。

 

せっかくGoogleマイビジネスのサービスを通して

施設のアピールをしている施設様でも

日本語の検索にしか対応できないままだと

外国人観光客のお客様には不便に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

今回は、簡単に英語表記を追加することができるので

そのやり方を紹介したいと思います!

 

1.ご自身の施設が英語表記になっているか確認しよう!

まず初めに、ご自身の施設の登録状況をご確認してみましょう。

〇Googleマップでご自身の施設を検索

〇Googleマップの検索バー横の設定を開く

〇設定バーの言語を選び、英語に設定する

この段階で施設名が英語で表記されている施設様は

素晴らしい!完璧です!

もし、日本語でしか出ない施設様はもう少し設定を進めましょう。

 

2.いざ、英語表記に!

英語表記の登録が出来ていない施設様でも問題ありません!

すぐに申請して英語表記に対応することができます

〇言語を英語設定のままご自身の施設をクリック

〇詳細情報の項目内にある情報修正を提案をクリック

〇日本語の施設名を選択後に出てくる空白に英語表記の施設名を入力。

〇送信ボタンをクリック

 

これだけで英語表記に対応いたします!

※変更内容が反映されるまでに数日かかる場合もございます。

 

今回実際に行った、

『Googleマイビジネスで施設名を英語表記にも対応させる方法!』

実は、いつでも!どこでも!どなたでも!変更申請を行うことが出来てしまいます。

 

逆に言えば悪意あるユーザーにより情報を上書きされる可能性もゼロとは

言い切れませんので、たまにはご自身の施設を確認してみましょう!

たったこれだけで外国からのユーザー様が使いやすくなるのであれば

やらない手はない!と思います。

 

これからもやらないよりはやたっ方がいいと思ったことなども

ブログに投稿していきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら