ノーショーチャージ・キャンセルチャージはどうしている?

 

気が付けば年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか?嘉手納です。
最近のファイブスタースタッフの怒涛のブログ更新に便乗して少しお話ししますね^^

さて、これからの季節、年末年始をはじめ、イベントも多くなってきます。稼働が高まるにつれて不安が募ってくるもの、「ノーショー」「キャンセル」があります。

今回は起こってしまったノーショー、キャンセルチャージの回収において、最近よく耳にする「スクエア」についてご紹介します。

多くの予約サイトで事前決済機能がある中、一部のサイトは現在も決済機能を持っていないサイトもあります。多くの施設さんがノーショー、キャンセルチャージを泣き寝入りをしている現状です。

その時強い味方になるのが「Square~スクエア~」です。

スクエアとは何か、簡単に言うと比対面でクレジット決済を可能にするシステムを持ったクレジットカードリーダーです。POSレジとしてもご利用OK!お手持ちのスマホやタブレットを使用し、簡単に設定することができます。

【スクエアの魅力】

※導入コストが安い
カードリーダー購入にかかる4,980円だけです!(キャンペーンで無料になることも!!)

※導入までが早い
ネットで申し込みし、リーダーを注文(約1週間程度で届きます。)すぐにご利用可能。

※決済後の入金が最短翌日。
指定の銀行なら翌営業日に入金。国内の金融機関なら毎週金曜日に自動入金です。

※カード情報を手入力で決済可能。
お客様からクレジット情報をお預かりし、手入力で決済可能。(Visa/MasterCard/American Expressのみ)

※決済手数料がわかりやすい
3.25%~3.95%

などがございます。
(しかし、事前に予約サイト側でクレジット情報を必須にするなどの設定も必要になります。)

うまく活用して不泊によるダメージの軽減につなげていただければと思います。

 

またの機会に事前にノーショー・キャンセルを軽減させるテクニックについてお話しさせていただければとおもいます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

嘉手納良勢
嘉手納良勢コンサルティング事業部 マネージャー
この夏、日本中が僕に恋をする
プロフィールを見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何でもお気軽にお問い合せください。

お問い合せはこちら